Home > 会社案内 > 「アコースティガイド」社について [音声ガイド]

会社案内/Corporate Profile
「アコースティガイド」社について
「アコースティガイド」社について 本社 「アコースティガイド」社は、 海外において 過去60年間にわたり、美術館・博物館で音声ガイドを提供してきました。

>> 「アコースティガイド」本社 WEBサイトへ

1950年代 初期のアコースティガイド 「オーディオガイド」
 
  • 1957年 アメリカで「アコースティガイド」社を創立。
  • ハイドパークにあるルーズベルト大統領の家の見学ツアーを制作。 ルーズベルト夫人が自宅内を案内しながら、英国王ジョージ6世やエリザベス女王の訪問など個人的な思い出を語ったガイド。 ある利用者からのコメント「このオーディオガイドを聞いていると、内緒話をこっそり打ち明けられているみたいだ」
1960年代 カセットによるオーディオガイド・ツアーが主流に
 
  • “オーディオガイド・ツアー”が、全米の博物館や美術館で存在感を高める。
  • “オーディオカセット”という全く新しい媒体での提供開始。
  • メトロポリタン美術館、国立美術館などで、常設コレクションのツアー開始。
  • イヤホンをつけて美術を鑑賞する人たちが、アメリカの漫画の中で取り上げられている。
1970年代 大ヒットの展覧会
 
  • 大ヒットとなった「ツタンカーメンの秘宝展」(メトロポリタン美術館を皮切りに全米を巡回)でアコースティガイド社の音声ガイドを提供。
  • 来場者数100万人にのぼった「セザンヌ展」(フィラデルフィア美術館)でも提供。
1980年代 アコースティガイド社とアジア
 
  • 北京の紫禁城で“カセットツアー”を導入(10ヶ国語対応)。
    アコースティガイド社のアジア進出となる。
  • アジア進出から15年間で、北京・台湾・シンガポール、上海にオフィスを開設。多言語のツアーを上海博物館などに提供。
1990年代 新機種インフォームにより新しい市場を開拓する
 
  • 新機種“インフォーム”の導入により、BGM付きガイドが登場。 高音質で、多言語プログラムの対応が可能となり、新たに動物園や水族館、工場、ショールームなど、音声ガイドの市場が飛躍的に広がる。
  • アコースティガイド社の“ランダムアクセス”ツアーの開発により、利用者は自分のペースで、聴きたいガイドを選べるようになる。
  • 世界初となる“デジタルハンディープレーヤー(digital wand player)”が、ルーヴル美術館をはじめ、上海博物館、英国のローマ風呂博物館など、全世界の60箇所以上の施設で導入。
  • 音声ガイドは博物館や美術館にはなくてはならないものとなり、コンテンツ面でも工夫をこらし、館長や芸術家、専門家のインタビューを交えたツアーも登場。
2000年代 時代のニーズに応えた新機種の登場
 
  • 2000年 “アコースティガイド2000シリーズ”を発表。 今までにないメモリ容量、最高品質のMP3または、Windows Media Audio 4.0のステレオサウンドで、あらゆるニーズの拡大に対応。
  • 2005年 「エスプロ・インフォメーション・テクノロジー(Espro Information Technologies)」と合併。社名を「エスプロ・アコースティガイド」と変更。 世界に12のオフィスとネットワークを展開。
  • 2007年 “オーパス(Opus)シリーズ” がデビュー。 “オーパスクリック” “オーパスタッチ”は画面付きで、音声・画像・動画の機能が備わった、これまでで最も高性能なガイド機。
2010年代  デジタル時代の新しいミュージアム体験へ
個人用アプリのダウンロードサービス開始、コンサルティング会社の設立
 

高機能の自社開発アプリを世界中のミュージアム(ルーブル美術館・グッゲンハイム美術館・ドレスデン美術館ほか)へ提供し、 オンライン・ソーシャルメディア・アプリ他、包括的なデジタル戦略のサービスを開始しました。
テクノロジーと多様なサービスで、より新しい可能性を常に追い求めています。
Home
[音声ガイド] 貸出中の会場
実績
会社案内
ガイド機器
音声ガイドアプリ(App)
[オーディオツアー] コンセプト
採用情報
ニュースリリース
サイトマップ
個人情報保護方針
利用規約
twitter
お問合わせ


TOP