Home > これまでの実績 > 音声ガイドの内容(2012年)

音声ガイドの内容
2012年に導入された弊社の音声ガイドの内容です。
テキストのみとなります。 音声ガイドのサンプルを試聴されたい方は こちら >>

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年    
展覧会名
開催場所
特別展「チョコレート展」
国立科学博物館
2012年11月3日(土)〜 2013年2月24日(日)
名古屋市科学館
2013年12月17日(火)〜2014年2月23日(日)
甘くておいしいチョコレート。
一体、いつから世界中で愛されるようになったのでしょう?

音声ガイドはその歴史や秘密に迫るクイズを解きながらお楽しみいただけます。
ガイドを聴き終わったら、あなたもチョコレート博士になれる・・・かも!

ナレーターはアニメ「機動戦士ガンダム00」のマリナ・イスマイール役などで知られる
声優の恒松あゆみさん。
爽やかな語りで、知られざるチョコレートの世界をガイドします。

♪BGMはショパンの調べ・・・会場で甘く優雅なひとときをお楽しみください。
(音楽協力:株式会社マーキュリー http://www.mercury-coo.com/

マンチェスター大学ウィットワース美術館所蔵
巨匠たちの英国水彩画展
Bunkamuraザ・ミュージアム
2012年10月20日(土)〜 12月9日(日)
水彩画はイギリスの国民的芸術と言われるのはご存知ですか?
18〜19世紀イギリスの巨匠たちが描いた、水彩画が一同に展示されます。

実物を目にしてこそ分かる、水彩画の繊細な色彩、鮮やかさ、タッチを
是非会場でご堪能ください。

そして、観賞のお伴には音声ガイドを!

♪ BGMには18〜19世紀の名曲の数々

クレメンティやJ.C.バッハなど、
当時イギリスで活躍した音楽家たちの曲をご紹介。
さらに、専門家が驚くほどの水彩画の腕前だったという、
メンデルスゾーンの名曲もお楽しみいただけます。
(音楽提供:(株)マーキュリー http://www.mercury-coo.com/


♪イギリスが誇る詩人たちの詩の朗読

イギリスの美術と詩には、互いに深い影響関係があります。
ワーズワース、ロセッティ、バイロンの詩をご紹介。
作品を見ながら詩の朗読を聞く・・・
目だけでなく、耳からも展覧会の世界観をお楽しみください。

東京国立近代美術館 60周年記念特別展
美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年
東京国立近代美術館
2012年10月16日(火)〜 2013年1月14日(月・祝)
東京国立近代美術館開館60周年を記念する特別展、「美術にぶるっ!」。
第1部では60年間のコレクションの精華を、第2部では美術館が誕生した
1950年代の美術をお楽しみ頂きます。

音声ガイドでは、作品の背景やエピソードを交えながら、美術を深く味わう楽しみを
みなさまにお届けします。

ナビゲーターは女優・原田美枝子さん!

名品の数々を実際に目の前にした時、
沸き起こってくる”感動”を大切に思う原田さんのナレーション。
観る人と同じ目線に立ちつつ、優しい語り口で
作品の理解への扉をあけてくれています。

♪特別収録 学芸員の「ぶるっ!」
コレクションにまつわるエピソードや美術館の歴史など、本展担当学芸員が
じっくり解説します。

美術にぶるっと震える体験を、ぜひ音声ガイドとともに・・・。

メトロポリタン美術館展
大地、海、空4000年の美への旅
東京都美術館
2012年10月6日(土)〜 2013年1月4日(金)
NY、メトロポリタン美術館の珠玉のコレクションを
“自然”という切り口で展示する「メトロポリタン美術館展」。
様々な時代や国の、様々なジャンルの作品を楽しめるようピックアップした音声ガイドは、
下記の2種類をご用意しています。

■通常版■
自然という壮大なテーマを解説するための案内役は“精霊”。
人類と自然との関わりをやさしくガイドしながら、
自然にまつわる格言も取りあげていますので、お聴き逃しなく!
解説では、作品にまつわるエピソードや時代背景などを詳しく解説しています。
(精霊役:恒松あゆみ / 作品解説:安井邦彦)

また通常版のみ、
本展の為に 坂本龍一氏 が特別に書きおろしてくださった曲の一部をお聴きいただけます。
〜タイトル:「wind, cypresses & absinthe」〜
ゴッホの作品が好きだという坂本龍一氏が、日本初公開のゴッホの《糸杉》の絵から
インスピレーションを得て完成させた曲です。


■リトル・チャロ版■
Eテレの語学番組でおなじみのキャラクター、“リトル・チャロ”が登場。
日本語とやさしい英語を織り交ぜた新しい試みの音声ガイドです。
チャロが案内役と一緒に、作品を解説

美術にまつわる英語の表現、知ってうれしい豆知識などを学ぶことができます。
無料配布されるガイドリストでは、ガイド中に出てきた英文が聞き取れていたかのチェックも。
英語を楽しみながら、美術鑑賞もできる楽しい試みです。

リトル・チャロ
©NHK・NED2008


♪BGMのご紹介♪
イタリア、フランス、イギリス・・様々な国や時代をイメージした曲をお聴きいただけます。
貴重な古楽器による演奏曲も収録しています。
音楽協力:(株)マーキュリー http://www.mercury-coo.com/

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝
国立新美術館
2012年10月3日(水)〜 12月23日(日・祝)
高知県立美術館
2013年1月5日(土)〜 3月7日(木)
京都市美術館
2013年3月19日(火)〜 6月9日(日)
リヒテンシュタイン侯爵家500年に渡る歴史の中で築かれた
珠玉のコレクションが一同に揃います。

音声ガイドでは、絵のテーマや制作の背景、
そして、歴代の侯爵と作品にまつわるエピソードをたっぷりご紹介。

♪ナビゲーターは大地真央さん!

侯爵の言葉を威厳たっぷりに、
ときに侯爵の令嬢に扮して生き生きと展覧会を案内してくださいます。

♪牛田智大さんの本展テーマ曲「遥かなる時をこえて」も特別収録。

♪BGMには17〜19世紀の名曲も!
展覧会の見どころ、ルーベンスの大作には同時代の音楽。
そして、19世紀末に侯爵家のお抱え音楽家として活躍した
トリーベンゼーの曲など・・・ (音楽協力:(株)マーキュリー)
http://www.mercury-coo.com/

絢爛たるバロックの空間を、ガイドと共にお楽しみください。

特別展
没後70年 竹内栖鳳 ―京都画壇の画家たち―
山種美術館
2012年9月29日(土)〜 11月25日(日)
※会期中展示替えがあります
「東の大観、西の栖鳳」と、横山大観と並び称された、竹内栖鳳。
江戸時代の円山四条派の流れを汲む京都画壇の重鎮として、創作に教育にと励みました。

京の都で脈々と受け継がれてきた伝統に学んだ栖鳳の作品に加え、
先人や同時代の仲間、門人たちの作品もご覧いただきます。

音声ガイドでは、栖鳳が残した言葉をたっぷりとお楽しみいただけます。
画について、自然や動物について、そして弟子へと捧げた言葉など、
一部“京ことば”でナレーションしています。

没後70年、竹内栖鳳の全貌に迫る解説をぜひお楽しみください。

シャルダン展―静寂の巨匠
三菱一号館美術館
2012年9月8日(土)〜 2013年1月6日(日)
18世紀、華やかなロココ様式全盛の時代、
静けさに満ちた静物画、風俗画で異彩を放った巨匠、シャルダン。

音声ガイドでは、その生涯、画業を
シャルダン自身の言葉や、知られざるエピソードを織り交ぜながら、
じっくりとご案内します。

同時代の著名人や後世の画家たちが語るシャルダンにも注目。
「シャルダンの魔法を理解することはできない・・・」―ディドロ

♪ 特別収録
三菱一号館美術館館長、本展担当学芸員がシャルダンの魅力を語る、
スペシャル解説も必聴です。

♪BGM
18世紀の音楽家クルムフォルツ、サン=サーンス、ヘンデルの名曲
ハープの軽やかな調べと共にお楽しみください。(ハープ演奏:摩寿意英子)

国立トレチャコフ美術館所蔵
レーピン展
Bunkamura ザ・ミュージアム
2012年8月4日(土)〜 10月8日(月・祝)
浜松市美術館
2012年10月16日(火)〜 12月24日(月・祝)
姫路市立美術館
2013年2月16日(土)〜 3月30日(土)
神奈川県立近代美術館<葉山>
2013年4月6日(火)〜 5月26日(日)
ロシア絵画の巨匠イリヤ・レーピンは19世紀後半から20世紀初頭、
ロシア革命前後の激動の時代を生き抜いた画家。

若くして才能を認められ、「移動派」という進歩的な芸術家グループに
加わり、その後もロシアの美術界で活躍し大きな功績を残しました。
音声ガイドでは彼の初期から晩年までの傑作を、様々なエピソードともにご案内いたします。

〜スぺシャルトラック〜

ロシア文学者で名古屋外国語大学長の亀山郁夫氏が語る!
作品解説(3点)のほか、
作曲家ムソルグスキーや19世紀ロシアについてなどのガイドも必聴。
亀山氏の魅力的な語りは、さらに深くロシア文化へと誘ってくれるはずです。

♪BGM: レーピンが生きた時代の華麗なロシア音楽とともに♪
ムソルグスキー、グラズノフ、、グリンカなど同時代のロシア音楽をたっぷりと。
使用楽曲を収録したCDはミュージアムショップでお買い求めいただけます。
(CDジャケットにはレーピンの作品が使用されています)

(音楽提供:(株)マーキュリー http://www.mercury-coo.com/

夏休み企画 美術館で旅行!
―東海道からパリまで―
山種美術館
2012年7月28日(土)〜 9月23日(日)
江戸時代、日本近代の名画を見ながら、
旅行気分を味わえる今回の展覧会!

なんといっても見どころは、
歌川広重(初代)の東海道五拾三次の全図55図の公開。(前期後期分けて)

♪ 旅のお供、ガイドの語りは、落語家の古今亭菊六さん!
(今秋 真打昇進 菊六改め古今亭文菊)

日本橋から京都までの東海道の旅を、
江戸時代の旅人に扮して、ユーモアたっぷりにご案内します。

さらに、箱根、天橋立、マンハッタン、インド・・・など、
日本近代の巨匠たちが描いた、日本、世界各地の名所も、たっぷりご紹介。

暑い暑い夏休み、
まずは展覧会で涼みながら世界を旅するのはいかがでしょう。

東山魁夷展
北海道立近代美術館
2012年7月20日(金)〜 9月9日(日)
宮城県美術館
2012年9月22日(土)〜 11月11日(日)
詩情あふれる風景画で私たちを魅了する、東山魁夷。
名作の数々が一堂にそろう展覧会です。

音声ガイドでは、
東山魁夷の旅に彩られた生涯、画業をじっくりご案内。

画家本人が残した言葉もたっぷりナレーションに織り交ぜました。

是非ガイドと共に、東山魁夷の作品世界をご堪能ください。

ドビュッシー 、音楽と美術
印象派と象徴派のあいだで
ブリヂストン美術館
2012年7月14日(土)〜 10月14日(日)
〜ドビュッシーが語る〜

19世紀末、ドビュッシーはジャンルを越えた様々な芸術家と交流がありました。
彼は仲間たちから刺激を受けながら、一方で影響を与えていました。

もしもドビュッシーが自らの人生を振り返ることができたら、
何を語りかけてくれるのでしょうか?
そんな想いから、本展の音声ガイドは「ドビュッシー自らが語る」という演出を
試みています。

仲間たちとのエピソード、作曲のインスピレーレョンの源。
そして華やかな恋愛模様や娘への惜しみない愛情。
彼の目をとおして語られることで、時代の空気感や当時の芸術が
生き生きと伝わってくることでしょう。

それはまるで、ドビュッシー主宰の小さなコンサートのよう。
是非、会場で音楽とともにお楽しみください。


♪BGMのご紹介♪

ドビュッシー本人の演奏を含む名曲を、すべて貴重な1900年代当時の音源で
お楽しみいただけます。
ロシアのピアニスト・ラフマニノフ演奏の曲も必聴です。
ガイドで使用した曲はすべて展覧会公式CDに収録され、会場内で販売しておりますので
ぜひミュージアムショップにもお立ち寄りください。

(音楽提供:(株)マーキュリー http://www.mercury-coo.com/

大英博物館 古代エジプト展
森アーツセンターギャラリー
2012年7月7日(土)〜 9月17日(月・祝)
福岡市美術館
2012年10月6日(土)〜 11月25日(日)
古代エジプトの人々は死後の世界をどう考えていたのか!?
大英博物館所蔵の『死者の書』の数々から読み解いていく今回の展覧会。

音声ガイドは2種類ご用意しています。

◆一般版

ナビゲーターは八嶋智人さん!
古代エジプトの人々はなぜ『死者の書』をともに埋葬したのか??
生命の復活を目指す冥界の旅、その旅路の数々の難関とは・・・
ときにユーモアを交え、想像力豊かな古代エジプト人の死後の世界をご案内します。

◆ジュニア版

古代エジプトの神殿で神に仕える仕事をしていた女性・イシェルウと、
神様・ホルス神がご案内。
声優の坂本真綾さんが二役を演じます!

音声ガイドとともに、冥界の旅を体験してみてください。

マリー・アントワネット物語展
名古屋市博物館
2012年7月7日(土)〜 9月2日(日)
そごう美術館
2012年9月15日(土)〜 11月18日(日)
愛媛県美術館
2012年11月29日(木)〜 2013年1月20日(日)
沖縄県立博物館・美術館
2013年2月8日(金)〜 4月14日(日)
福岡県立美術館
2013年4月27日(土)〜 6月23日(日)
兵庫県立美術館
2013年7月6日(土)〜 9月1日(日)
岡山シティミュージアム
2013年9月11日(水)〜 10月27日(日)
妻、母そして王妃・・・ “ヴェルサイユの華”と謳われた、
フランス王妃マリー・アントワネットの人生をたどる展覧会。

音声ガイドでは、
マリー・アントワネット自身の言葉とともに、
母マリア=テレジアや娘マリー=テレーズとのエピソードを交え、
華やかに生きた王妃の「一人の女性」としての素顔に迫ります。


♪スペシャル・ナビゲーターは池田理代子先生!
あの名作『ベルサイユのばら』の作者、池田理代子先生が、
愛情こもったナレーションで本展をご案内します。(作品解説ナレーター 安井邦彦)
スペシャルトラックには、『ベルばら』制作秘話のほか、
声楽家としてもご活躍されている池田先生の歌声を特別収録。

♪ マリー・アントワネットが愛した音楽!
王妃みずからが作曲した歌曲(歌唱:池田理代子先生)のほか、
王妃専属ハープ製作者が作ったハープの音色もお楽しみいただけます。

マウリッツハイス美術館展
オランダ・フランドル絵画の至宝
東京都美術館
2012年6月30日(土)〜 9月17日(月・祝)
神戸市立博物館
2012年9月29日(土)〜 2013年1月6日(日)
オランダ、マウリッツハイス美術館が誇る、
17世紀、黄金時代のオランダ・フランドル絵画をご紹介する展覧会。

音声ガイドでは、
絵に描かれた物語、モチーフに込められた意味などを分かりやすくご紹介します。
巨匠たちや当時の人々の暮らし、流行にまつわるエピソードも!

♪スペシャルナビゲーターは、本展オフィシャルサポーター、武井咲さん!
武井さんが17世紀のオランダ女性に扮してご案内します。
(作品解説ナレーター:安井邦彦)

♪BGMには17世紀当時の音楽をたっぷり!
17世紀初頭に活躍したスウェーリンクの名曲もお聞きいただけます。
(音楽提供:ナクソス・ジャパン株式会社

特別企画展
「幽霊・妖怪画大全集」
福岡市博物館
2012年6月30日(土)〜 9月2日(日)
大阪歴史博物館
2013年4月20日(土)〜 6月9日(日)
そごう美術館
2013年7月27日(土)〜 9月1日(日)
名古屋市博物館
2014年5月21日(水)〜 7月13日(日)
幽霊や妖怪の絵を取り上げたユニークなこの展覧会、音声ガイドも趣向を凝らしています。

皆さまの水先案内人を務めますのは、なんと“幽霊界の二大美女”
四谷怪談のお岩さん(演じるのはなんと男性ナレーター!)と
番町皿屋敷のお菊さんです。

幽霊になったいきさつ(身の上話)を打ち明けたり、
ニュースキャスターに扮して事件現場をレポートしたり。
怖〜い幽霊や妖怪も2人の軽妙な掛け合いで、きっと身近に感じられること間違いなし!
クイズも出題されますので、親子でも楽しんでいただけるガイドです。


最後に、ナレーターのお菊さんからのメッセージを・・・

「節電の折、皆さまの背筋をひんやりさせるお手伝いができましたら
展覧会に集う幽霊・妖怪一同、望外の喜びと存じます・・・」

特別展 生誕120年
福田平八郎と日本画モダン
山種美術館
2012年5月26日(土)〜 7月22日(日)
大胆なトリミング、シンプルな形と構図、そして鮮やかな色彩。
今日の私たちがみても新鮮な作品の数々・・・
大正から昭和初期、日本画に新風を吹き込んだ画家たちがいました。
その先駆けが、福田平八郎。

音声ガイドでは、福田平八郎をはじめ、
同じく日本画にモダンなスタイルを取り入れた画家たちの軌跡を
分かりやすくご紹介。
画家自身の言葉も満載です。

♪特別収録!
山種美術館顧問・明治学院大学教授 山下裕二さんが平八郎の魅力を語る、
スペシャル解説もお聞きいただけます。

江戸東京博物館 開館20周年記念特別展
日本橋 描かれたランドマークの400年
江戸東京博物館
2012年5月26日(土)〜 7月16日(月・祝)
お江戸・東京のランドマーク “日本橋” の歴史を
林家三平・国分佐智子夫妻がご案内


江戸時代に作られた木造の日本橋は
明治になって石造りの橋へと架けかえられました。
姿を変えながらも、いつの世も人々の注目を集めてきた日本橋。
いろいろな視点から描かれた橋の絵を見比べると、
そのヴァリエーションの豊富さに驚かされます!


音声ガイドでは、そんな日本橋の移りかわりを
林家三平・国分佐智子夫妻が楽しくご紹介!
仲良し夫婦の会話仕立てのガイドを聞きながら、江戸の風情を味わいませんか?
三平さんが語る落語のお題にちなんだトピックも必聴です。

♪スペシャルガイド♪
〜江戸東京博物館 竹内館長が語る〜
日本橋生まれの館長が、より深く日本橋について解説。
幼き日の素敵な想い出もお聴きいただけます。

スカイツリーへ行くなら、ぜひ、江戸東京博物館
「日本橋〜描かれたランドマークの400年」展へもお越しください。

近代洋画の開拓者 高橋由一
東京藝術大学大学美術館
2012年4月28日(土)〜 6月24日(日)
京都国立近代美術館
2012年9月7日(金)〜10月21日(日)
誰でも、きっと目にしたことがある「鮭」の絵。
しかし、その作者・高橋由一ってどんな画家だったのでしょう?

音声ガイドでは、彼の弟子を名乗る人物が
数々の代表作にせまりながら、師匠・由一の生き様と
その素顔にふれるというドラマ風の演出!

「先生はお酒好きの気の優しい人でした。でも絵のこととなるといつも一生懸命!」
「弟子の私が、いつも驚かされたのが、先生が年を取られても芸術への情熱が衰えないことでした・・・」

他にも由一自身が残した言葉をご紹介しながら、
明治時代、洋画を広めるために生涯をかけた画家の一生をひもときます。

大エルミタージュ美術館展
世紀の顔・西欧絵画の400年
国立新美術館
2012年4月25日(水)〜 7月16日(月・祝)
名古屋市美術館
2012年7月28日(土)〜 9月30日(日)
京都市美術館
2012年10月10日(水)〜 12月6日(木)
16世紀から20世紀まで、
名画と共に西洋絵画400年の歴史が一望できるまたとない展覧会です。

音声ガイドでは、
描かれているテーマやモチーフの意味、制作の背景も丁寧に解説しています。
また、それぞれの時代の名曲をBGMに特別収録!
耳からも時代の雰囲気を体感してみてください。
(音楽提供:
古楽アンサンブル「アントネッロ」、ハープ奏者 摩寿意英子、
(株)ナクソス・ジャパン

ナビゲーターは杏さん!
杏さんが歌う公式テーマソングもガイドでお聞きいただけます。

さらに、杏さんがご紹介するガイドは、作家 中野京子さんの特別執筆です。
(9点/全24点中)

充実のガイドと共に、展覧会をぜひご堪能ください。

開館30年記念特別展
南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎

神戸市立博物館
2012年4月21日(土)〜 6月3日(日)
※会期中、作品の展示替えあり
16〜17世紀、日本にはスペインやポルトガルなど西欧の商人や宣教師達が訪れ、
華やかな南蛮美術が花開きました。

一方、時代は鎖国へ・・・
急速に広まったキリスト教は、弾圧の波にのみ込まれます。

音声ガイドでは、そんなきらびやかな南蛮美術と、
その影に隠された悲しい歴史をじっくりと辿ります。

日本人の絵師はどうやって西洋画を学んだの?
弾圧の憂き目にあったキリシタンが大切に伝えた聖画とは・・・

特別収録!!
・神戸市立博物館の本展担当学芸員お二人によるスペシャル解説!
《 泰西王侯騎馬図屏風》 の謎と、最新の研究成果
《 聖フランシスコ・ザヴィエル像》 発見にまつわるエピソード

・当時の日本の教会でも歌われた聖歌の調べ
CD「東洋への道」より オ・グロリオサ・ドミナ「アーメン」
(音楽提供:キングインターナショナル http://www.kinginternational.co.jp/

NHK京都放送局開局80周年・読売新聞大阪発刊60周年
特別展覧会 王朝文化の華 ─陽明文庫名宝展─

京都国立博物館
2012年4月17日(火)〜5月27日(日)
※会期中、作品の展示替えあり
京都にある陽明文庫は、平安時代から続く近衞家が所蔵した
10数万点にも及ぶ宝物を保存管理する施設。
本展は、ふだん一般公開されていない陽明文庫の国宝や重要文化財のすべてを
一挙に公開する初めての機会!

音声ガイドでは、歴代の近衞家の当主のエピソードから貴族の宮廷ライフまで
作品とともにじっくり解説いたします。

♪ご案内役は京都国立博物館・文化大使を務める竹下景子さん!
1千年にわたって続く宮廷貴族近衞家の歴史を雅な語り口でご案内。

♪スペシャルトラック(2点)♪
担当学芸員・赤尾先生によるさらに詳しい解説!

「平安時代の貴族の信仰とは?」
「貴族たちは内裏でどんな遊びをしていたの?」
より深い内容を、わかかりやすく解説してくださいます。

BGMの雅楽とともに、古の時代へとタイムスリップ。
〜さぁ、春の京都へ、おこしやす〜

国立新美術館開館5周年
セザンヌ―パリとプロヴァンス

国立新美術館
2012年3月28日(水)〜6月11日(月)
「近代絵画の父」と称されるセザンヌ。
この孤高の画家の芸術に大きな影響を与えたのが、
芸術の都パリと故郷プロヴァンスの行き来でした。

音声ガイドでは、
セザンヌ自身の言葉をセリフ仕立てでドラマティックにご紹介。
その画業と生きざまをじっくり辿ります。

♪セザンヌ役は森山周一郎さん!
刑事コジャックのテリー・サバラスの吹き替えや、
劇場用アニメ映画「紅の豚」でもおなじみの森山さん。
渋くて響きのある声で演じてくださった、セザンヌのセリフは必聴です。
(作品解説は藤村紀子さん)

♪BGMには19世紀後半のフランスの音楽!
ラヴェル、レオン・ボエルマンなどの名曲をお聞きいただけます。
(音楽提供:ナクソス・ジャパン株式会社)

セザンヌ100%の展覧会!
是非音声ガイドと共にお楽しみください。

特別展 ボストン美術館 日本美術の至宝
東京国立博物館 平成館
2012年3月20日(火・祝)〜6月10日(日)
名古屋ボストン美術館
前期:6月23日(土)〜9月17日(月・祝)
後期:9月29日(土)〜12月9日(日)
九州国立博物館
2013年1月1日(火・祝)〜3月17日(日)
大阪市立美術館
2013年4月2日(火)〜6月16日(日)
奈良・平安時代の仏画や絵巻物から、
安土桃山、江戸時代を彩ったきらびやかな屏風絵まで・・・

音声ガイドでは、海を渡った名宝の数々と共に、
およそ千年の時が育んだ日本美術の多彩な歴史を辿ります。

仏画や仏像に込められた人々の祈り
絵巻に描かれた遣唐使・吉備真備のユーモアあふれる活躍ぶり
なぜこれだけの名品がボストンに?  などなど・・・

奇才・曽我蕭白や伊藤若冲ほか、
個性あふれる画家たちのエピソードもご紹介。

♪スペシャル・ナビゲーターは女優の中谷美紀さん!
しっとりと雰囲気たっぷりに、傑作の魅力を語ってくださっています。
(作品解説ナレーター 安井邦彦)

ぜひ音声ガイドと共に、ボストン美術館が誇る至宝をご堪能下さい。

草間彌生 
永遠の永遠の永遠

国立国際美術館
2012年1月7日(土)〜4月8日(日)
埼玉県立近代美術館
2012年4月14日(土)〜5月20日(日)
松本市美術館
2012年7月14日(土)〜11月4日(日)
新潟市美術館
2012年11月10日(土)〜12月24日(月・祝)
静岡県立美術館
2013年4月13日(土)〜6月23日(日)
大分市美術館
2013年7月12日(金)〜10月20日(日)
高知県立美術館
2013年11月2日(土)〜2014年1月13日(月・祝)
秋田市立千秋美術館
2014年7月11日(金)〜9月7日(日)
名古屋・松坂屋美術館
2014年9月13日(土)〜10月13日(月・祝)
つねに時代の最先端を切り開く、
新しい芸術の創造に挑み続けてきた草間彌生・・・
その草間彌生の「今」をご紹介する今回の展覧会では、
新作の絵画シリーズや、彫刻などがズラリと並びます。

♪音声ガイドでは、草間彌生自身の肉声を特別収録!

この展覧会に際して行われたインタビューの音源をたっぷりご紹介します。
創作への思いや、自作の詩の朗読など、ファンならずとも必聴の、充実のコンテンツです。

♪ボーナストラック:草間彌生が歌う!
自作の詩に自ら曲をつけた、草間自身の歌をお楽しみいただけます。

ぜひ、音声ガイドとともに、草間ワールドを体感してみてください。

2012年NHK大河ドラマ
特別展 平清盛

東京都江戸東京博物館
2012年1月2日(月・祝)〜2月5日(日)
神戸市立博物館
2012年2月25日(土)〜4月8日(日)
広島県立美術館
2012年4月21日(土)〜6月3日(日)
京都府京都文化博物館
2012年6月16日(土)〜7月17日(火)
「清盛様なくして武士の世は語れませぬ」

末法の世と言われた平安の末に、突如あらわれた一人の男、平清盛。
武士でありながら太政大臣にまで登りつめた清盛と、平家の栄枯盛衰をたどります。

■清盛の妻、平時子が語る!

ナレーションには、NHK大河ドラマ「平清盛」にて
清盛の妻・時子を演じる深田恭子さん。
時子の目線で情感たっぷりと語り、
まるで清盛の時代にタイムスリップしたかのよう。

歴史的な背景もたどりながら、
国宝「平家納経」や厳島神社に伝わる至宝、当時の美術工芸品など
平家ゆかりの品々もしっかりと押さえたガイドです。

■臨場感あふれる2つの音楽!

その1.ドラマの劇中曲で余韻にひたりながら、当時の美術品が鑑賞できる・・・
その2.厳島神社でも舞われた舞楽「陵王」の調べで、平家の栄華に思いを馳せる・・・

「平清盛」の世界を堪能できる豪華ガイドをお楽しみ下さい。

和のよそおい ―松園・清方・深水― 山種美術館
2012年2月11日(土・祝)〜3月25日(日)
山種美術館のコレクションから、
「和装の美人」をテーマに選りすぐりの名品が紹介される展覧会です。

上村松園、鏑木清方、そして伊東深水らが描きだした、
ときに奥ゆかしく、ときに華やかな女性たち・・・
その装いには、日本ならではの豊かな四季の移り変わりを映し出されています。

音声ガイドでは、画家たちの言葉もたっぷりご紹介。
上村松園が「よそおい」について語った言葉も、番外編でお聞きいただけます。

本展では、満開の桜が描かれた作品もご覧いただけます。
音声ガイドと共に、一足先に、春の訪れを感じてみませんか。

特別展覧会
中国近代絵画と日本
京都国立博物館
2012年1月7日(土)〜2月26日(日)
清朝末期から20世紀にかけての激動の時代・・・押し寄せる西欧化の波。
中国の美術は新たな展開を見せました。
そんな中、いち早く西欧の影響を取り入れた日本の美術が、
手本となったことをご存知ですか?

この展覧会では、外交官・須磨弥吉郎が収集した、中国近代の名画とともに、
中国と日本の多彩な文化交流をご紹介しています。

音声ガイドでは、時代背景や中国近代画壇の流れなども分かりやすく解説。
斉白石、陳師曾など、個性あふれる画家たちの素顔に迫る、エピソードも満載です。

♪スペシャルトラック
本展担当の学芸員による解説を特別収録。
須磨弥吉郎のコレクションにまつわるこぼれ話など・・・

中国近代絵画の魅力をガイドとともにご堪能ください。

東芝科学館50周年記念企画展
田中久重ものがたり〜情熱と飽くなき探究心〜

東芝科学館
2011年12月16日(金)〜2012年4月27日(金)
※音声ガイドの利用期間
2012年3月9日(金)〜4月27日(金)
東芝の創業者の一人、田中久重の没後130年と
東芝科学館50周年を記念した企画展。

からくり儀右衛門と呼ばれた田中久重は、
持ち前の「飽くなき探求心」で 世のため人のためになる品々を世に送り出しました。
本展はそんな彼の生涯をたどりつつ、万年時計の展示や弓曳童子の実演も含め、
過去最大規模の100点を目にすることができます。

音声ガイドでは、 東芝科学館・中山館長のウェルカムメッセージをはじめ、
ねずみ短檠の動作原理や和時計の解説を画面付きガイド機を使ってご紹介

江戸末期から明治初期の激動する時代に
「飽くなき探求心で挑み続けた」 田中久重の足跡をたどってみてください。
※数年にわたる巡回展は、初年度を表示しています。
Home
[音声ガイド] 貸出中の会場
実績
会社案内
ガイド機器
音声ガイドアプリ(App)
[オーディオツアー] コンセプト
採用情報
ニュースリリース
サイトマップ
個人情報保護方針
利用規約
twitter
お問合わせ


TOP