Home > これまでの実績 > 音声ガイドの内容(2013年)

音声ガイドの内容
2013年に導入された弊社の音声ガイドの内容です。
テキストのみとなります。 音声ガイドのサンプルを試聴されたい方は こちら >>

2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年    
展覧会名
開催場所
ボストン美術館浮世絵名品展 北斎
名古屋ボストン美術館
2013年12月21日(土)〜2014年3月23日(日)
神戸市立博物館
2014年4月26日(土)〜 6月22日(日)
北九州市立美術館 分館
2014年7月12日(土)〜 8月31日(日)
上野の森美術館
2014年9月13日(土)〜 11月9日(日)
〜音声ガイドナビゲーターは市川猿之助さん〜

アメリカの雑誌・ライフが選んだ「この1000年で最も重要な出来事・人物」に
唯一、名前があがった日本人、葛飾北斎。

そんな北斎を1892年、世界で初めて本格的に紹介したのがボストン美術館の
展覧会でした。

今も世界中の人々を魅了する天才絵師・北斎。
個性あふれる生き様に迫りながら、その画業をたどります。


■スペシャルトラック 「江戸文化なるほどトピック”」■

江戸の人が愛した浮世絵や歌舞伎のあれこれをご紹介!
浮世絵の楽しみ方いろいろのご紹介、歌舞伎に関するミニ知識など
作品鑑賞のあいまに是非、お楽しみください。

色鮮やかな作品が多いことでも知られるボストン美術館所蔵の浮世絵。
本展では日本初公開の北斎作品も展示されています。
市川猿之助さんの語りとともに、どうぞお楽しみください。

皇室の名品 ―近代日本美術の粋
京都国立近代美術館
2013年11月9日(火)〜 2014年1月13日(月・祝)
宮内庁三の丸尚三館が所蔵する、代々の皇室に引き継がれてきた美術品の数々。
その中から、近代日本の名品をご紹介する展覧会です。

かつての皇居、明治宮殿の調度の品や、展覧会での御買上品、
御即位や御成婚などのお祝いに献上された品々。
それらはまさに、当時の美術家の技の粋を集めた品ばかり。

音声ガイドでは、その見所や、制作エピソードを、画家や工芸家の言葉を織り交ぜて、
分かりやすくご案内します。

♪ご案内役は、元NHKアナウンサー山根基世さん。

♪雅楽も特別収録
国風歌舞、舞楽 陵王、越天楽・・・

ぜひガイドと共に、皇室が護り育んできた近代日本美術の名品の競演をお楽しみください。

※前期後期の展示替えに伴い、ガイド内容も一部変わります。
(前期11/9〜12/8、後期12/11〜1/13)

開館30周年記念
光の賛歌 印象派展 ─パリ、セーヌ、ノルマンディの水辺をたどる旅
東京富士美術館
2013年10月22日(火)〜 2014年1月5日(日)
福岡市博物館
2014年1月15日(水)〜3月2日(日)
京都文化博物館
2014年3月11日(火)〜5月11日(日)
モネ、シスレー、ルノワール・・・
印象派の画家たちが魅せられた水辺の地をテーマにした展覧会です。
セーヌ川沿いからノルマンディ海岸まで、彼らが描いた光あふれる風景がずらり。

音声ガイドでは、
モネを中心に、画家たちの言葉をたっぷり織り交ぜてご紹介。
印象派ならではの表現が生まれた背景も詳しく解説します。

ナレーションは、女優で声優の本名陽子さん!

BGMにはドビュッシー、ラヴェルなど、19世紀後半のフランスの名曲の数々。
(音楽協力:(株)マーキュリー)

フランスの風光明媚な水辺の地を辿る旅へ、ぜひ足を運んでください。

特別展 小林古径生誕130年記念
古径と土牛
山種美術館
2013年10月22日(火)〜 12月23日(月・祝)
小林古径は、岡倉天心が日本美術の発展のために立ち上げた団体・日本美術院で、
横山大観らに続き活躍した画家。

そんな古径を生涯の師と仰ぎ、尊敬していたのが、6歳年下の奥村土牛です。
古径との出会いが「自分の一生を決定づけた」と語る土牛は、
101歳で亡くなるまで現役で活躍しました。

古径と土牛。
同じ時代を生き、同じ師に学び、そして共に画業に打ち込んだ二人。
音声ガイドでは、彼らのエピソードや残した言葉をたっぷりとご紹介しています。

若き頃から晩年まで、二人の作品を音声ガイドとともにじっくりお楽しみください。

スヌーピー展 しあわせはきみをもっと知ること
森アーツセンターギャラリー
2013年10月12日(土)〜 2014年1月5日(日)
音声ガイド「なるほど!スヌーピー」のナビゲーターは
フリーペーパー誌上でスヌーピーの4コマ漫画の翻訳を
手がけたこともある関根麻里さん。

■クイズに挑戦!■
作者のシュルツさんやスヌーピーたちの “なるほど” な情報をクイズ形式でご紹介。
スヌーピーの犬小屋の秘密からルーシーの恋心まで、ピーナッツファンの皆さんは
全問正解できるでしょうか・・・。ぜひ、楽しみながら回答してください!
(ガイド機画面にはスヌーピーのイラストが表示されます)

■英語で名言コーナー■
ピーナッツの登場人物は全員子ども。それでも時に大人もはっとするようなセリフ
を口にします。そんな心に響くセリフを英語と谷川俊太郎さんの翻訳とともに
お届けします。(ガイド機画面には、英文も表示されます)

カワイイだけじゃないスヌーピーや仲間たちの魅力。
ぜひ、音声ガイド「なるほど!スヌーピー」で体験してみてください。

種田陽平による三谷幸喜映画の世界観展
上野の森美術館
2013年10月12日(土)〜 11月17日(日)
音声ガイドの案内役は、なんと種田陽平さん、三谷幸喜さん、ご本人たち自身です。
ほぼ全編登場で、映画の構想、2人のやり取りについて語ってくれます。
三谷幸喜さん担当箇所は、思わずクスリ・・・と会場で笑ってしまいそうに。
解説ナレーターは、おなじみ恒松あゆみさん。

BGMはオリジナルサウンドトラック。
「THE 有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」「ステキな金縛り」
そしてなんと公開間近の新作「清須会議」まで入っています!

豪華なガイドと共に映画の世界へ・・・


種田陽平さんオフィシャルサイト
http://yoheitaneda.com


種田陽平さんTwitter
@YoheiTanedaNews
https://twitter.com/yoheitanedanews/status/388900422074642433


三谷幸喜さんTwitter
@mitanikoki
https://twitter.com/mitanikoki/status/388579480932859905


映画「清須会議」オフィシャルサイト
http://kiyosukaigi.com/

カイユボット展 −都市の印象派
ブリヂストン美術館
2013年10月10日(木)〜 12月29日(日)
“日本初、ギュスターヴ・カイユボットの全貌を知る展覧会”

ギュスターヴ・カイユボットはモネ、ルノワール、ドガとともに
印象派の活動を支えた印象派を代表する画家です。
本展はこれまで印象派のコレクターとして重要視されることが多かった
カイユボット自身の作品を一堂にご覧いただける大変貴重な展覧会です。

音声ガイドでは・・・
*カイユボットならではの構図の面白さに注目。
*画家の人生エピソードもたっぷり。
*印象派展の活動も詳しく紹介。

BGMは・・・
カイユボットと同時代の作曲家、ドビュッシーの曲などをお楽しみいただけます。
ブリヂストン美術館所蔵《ピアノを弾く若い男》でモデルとなったカイユボットの弟・
マルシャルが 弾いているピアノと同じ、
フランスのエラール社のピアノで演奏された貴重な曲です。
(演奏:伊藤綾子さん)

〜この秋、見逃せない「カイユボット展」を上質の音楽とともにお楽しみください〜

大本山 増上寺秘蔵
五百羅漢図 ─幕末の鬼才 狩野一信
山口県立美術館
2013年10月10日(木)〜 12月8日(日)
幕末の鬼才 狩野一信が描いた、全100幅に及ぶ五百羅漢図。
この展覧会ではそのすべてが一堂にそろいます。

精緻に濃密に描かれた100図をじっくりとみることのできるまたとない機会。
修行する姿から、神通力を発揮する場面、六道に落ちた人々を救う様子など、
一信が描く五百羅漢図は、まさにイマジネーションの洪水です。

その世界へ皆さんを誘う音声ガイドナビゲーターは、竹中直人さん!

ときに重厚な、そしてときにコミカルなナレーションで、
五百羅漢たちのスペクタクル巨編をご案内します。

ぜひお聴き逃しなく!

特別展 京都 洛中洛外図と障壁画の美
東京国立博物館
2013年10月8日(火)〜 12月1日(日)
京都でも見られない、400年前の「京都」・・・

ナビゲーターは佐々木蔵之介さんと野際陽子さん。
お二人の会話で都の名所をご案内しながら、作品の見所もしっかり解説します!

まずは国宝、重文の洛中洛外図屏風7点(前期後期展示替え)で、当時の京の都を一望。
そして、京都御所、龍安寺、二条城という京都を代表する名所にもご案内。
御所を彩った格調高い襖絵、4K映像でご覧いただく龍安寺の石庭に、
本物の障壁画で空間を再現した、二条城黒書院と大広間など、見どころ満載です。

BGMには、雅な風情漂う、雅楽の調べ。
そして、久石譲さんとEXILEのATSUSHIさんのタッグによる、
本展テーマソング「懺悔」を特別収録!


ぜひ音声ガイドをお供に、400年前の京都を旅してみてください。

三菱一号館美術館名品選2013
−近代への眼差し 印象派と世紀末美術−
三菱一号館美術館
2013年10月5日(土)〜 2014年1月5日(日)
ルノワール、ルドン、ロートレック、ヴァロットン・・・
19世紀末のフランスを彩った個性あふれる画家たち。

三菱一号館美術館所蔵品の中から、選りすぐりの名画をご紹介する展覧会です。
音声ガイドでは、画家自身の言葉、そして画家同士や画商との交流のエピソードをご紹介。
画家のボナールやヴェルレーヌの詩の朗読も!

特別収録!
高橋明也館長のメッセージとスペシャル解説をお聞きいただけます。

(解説ナレーション:藤村紀子)

BGM
サティやドビュッシー、ラヴェルなど、19世紀フランスの香り漂う名曲とともに
お楽しみください。
(音楽協力:(株)マーキュリー http://www.mercury-coo.com/)

横山大観展 ― 良き師、良き友
横浜美術館
2013年10月5日(土)〜 11月24日(日)
ナビゲーターは俳優の竹中直人さん!

竹中さんは、映画「天心」(10月5日より茨城先行公開/11月16日より
シネマート新宿ほか全国公開)で、
主役の岡倉天心を演じられました。映画『天心』オフィシャルサイト
http://www.eiga-tenshin.com/

そんな竹中さんが、情感こめて大観の人生と画業や良き師・天心との交流を語り、
大観の良き友たちの作品についてもご紹介します。

作品解説は藤村紀子さん。
個々の作品のみどころや技法なども詳しく解説していますので、
よりいっそう展覧会の理解が深まります。

■スペシャルトラック■

画家・山口晃さんが自ら語る「大観、天心、そして4人の仲間たちをどう描いたか」

「ヘンな日本美術史」の著書でも有名な山口さんが語るのは今回の展覧会のために描き下ろした
大観と「良き師」「良き友」6人の肖像画制作中のエピソードや、6人の人物像。
実際の作品の前で聴けば、画家たちのあらたな一面を知ることができるかもしれません・・・。

没後50年 板谷波山展
茨城県陶芸美術館
2013年10月5日(土)〜 12月8日(日)
山形美術館
2014年4月3日(木)〜 5月11日(日)
泉屋博古館 分館
2014年6月14日(土)〜 8月24日(日)
兵庫陶芸美術館
2014年9月6日(土)〜 11月30日(日)
輸出用の陶磁器が、盛んに作られていた明治時代、
我が国では、、陶芸は「芸術」ではなく、「産業」とみなされていました。
そんな時代にあって、板谷波山は陶芸作品に個性や芸術的な表現を求め、
奮闘したアーティストの一人です。

音声ガイドでは・・・
厳かな雰囲気をたたえつつも、爽やかな波山の作品世界。
その作風の変遷とともに波山の人生を辿る旅へと、ご案内いたします。

陶芸の技法や用語もわかりやすく解説しています。
ぜひ、ご利用ください。

クレラー=ミュラー美術館所蔵作品を中心に
印象派を超えて―点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで
国立新美術館
2013年10月4日(金)〜 12月23日(月・祝)
広島県立美術館
2014年1月2日(木)〜 2月16日(日) 
愛知県美術館
2014年2月25日(火)〜 4月6日(日)
印象派の筆触分割から新印象主義の点描、そしてモンドリアンの抽象画まで・・・
色そのものが持つ表現力を追い求めた画家たちの軌跡を辿ります。

音声ガイドでは、
色彩、タッチ、描かれたテーマなど、様々な角度から分かりやすく解説。
画家たちの言葉もたっぷり織り交ぜて、彼らが作品に込めた思いや芸術理念を紐解きます。

ナビゲーターは声優の坂本真綾さん!
澄んだ優しい声で、色鮮やかな点描の世界へいざないます。
(画家の言葉:安井邦彦)

BGMにはラヴェル、そしてベルギーの作曲家ヴリュールスやジョンゲンなど、
19世紀末から20世紀半ばに活躍した音楽家の名曲の数々。
(音楽協力:(株)マーキュリー http://www.mercury-coo.com/)

うさぎスマッシュ展 世界に触れる方法(デザイン)
東京都現代美術館
2013年10月3日(木)〜 2014年1月19日(日)
■あなたはまるでうさぎを追いかけ別世界に足を踏み入れてしまったアリス...
作品たちはあなたの思考に一打(スマッシュ)を与えてくるのでしょうか。
会場を出たときに何か世界が違ってみえるかもしれません。

■音声ガイドのヘッドフォンはうさぎの耳付きです。
うさ耳の写真はこちらをご参照下さい。 http://togetter.com/li/571889

うさぎのように耳をピンと立て、アンテナをはってアートの世界をのぞいてみませんか?

東洋館リニューアルオープン記念 
特別展「上海博物館 中国絵画の至宝」
東京国立博物館 東洋館
2013年10月1日(火)〜 11月24日(日)
中国でも最大規模の収蔵を誇る上海博物館。
そのなかから、初公開、一級文物をふくむ40件もの名品によって、
約千年に渡る五代・北宋から明清にいたる中国絵画の流れを辿ります。
本場上海でも展示される機会の少ない名画の数々!

音声ガイドでは、中国絵画の歴史を、王朝の移り変わりとともに基本から解説。

■塚本担当研究員、渾身の書き下ろし原稿をもとに、ご本人が登場、解説してくれる
スペシャルトラック
もあります。

■中国絵画では「詩」と「画」を一緒に楽しみます。
漢詩を読みながら、絵を鑑賞するのはなかなか難しいものです。
そこで音声ガイドでは、解説に加えて「詩」を朗読しています。
現代の東京にいながらにして、当時の文人気分を味わえる!かもしれません。

→詳しくは、東京国立博物館広報室のブログをどうぞ!
http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/category/51/

興福寺創建1300年記念
国宝 興福寺仏頭展
東京藝術大学大学美術館
2013年9月3日(火)〜 11月24日(日)
音声ガイドナビゲーターは元 宝塚歌劇団宙組トップスターの大空祐飛さん!

作品解説の一部とスペシャルトラックをご担当されています。
スペシャルトラックを聴くには、下記クイズの答えの数字を
「仏頭」が展示されている場所でガイド機に入力してください。

『大空祐飛さんは宝塚歌劇団◯◯期生です』

仏頭と大空さんの不思議な縁、
そして、仏頭が造られた背景などについて語ってくださいます。

特別出演:仏頭大使のお二人、みうらじゅんさん&いとうせいこうさん!

仏像を愛するお二人が、興福寺を訪問された時のエピソードや
お像の見どころなどを楽しくトークされています。
まるで仏頭大使と一緒に会場にいるような感覚が味わえる・・かもしれません。

プロローグは大空さんと仏頭大使の奇跡のコラボ(掛け合い)が実現!
本編の解説を聴く前に、「55番」を押してお楽しみください!

仏頭や十二神将はお像の周りを360度、どの方向からもじっくり
拝める貴重な展覧会、ぜひ、音声ガイドともに・・・。

竹内栖鳳展
−近代日本画の巨人−
東京国立近代美術館
2013年9月3日(火)〜 10月14日(月・祝)
京都市美術館
2013年10月22日(火)〜 12月1日(日)
東の大観、西の栖鳳ともいわれる、京都画壇の巨人・竹内栖鳳。
再発見の作品を含め、代表作が一堂に並ぶ展覧会です。

音声ガイドでは、
栖鳳が残した言葉、制作にまつわるエピソードをたっぷりご紹介。
西洋絵画からの影響、そして世界に通用する日本画を追い求め、
常に変化を続けた栖鳳の画業を、じっくりと辿ります。


ナビゲーターは京都市観光大使を長らくつとめられたこともある、
京都にゆかりの深い、辰巳琢郎さん!

動物好きの栖鳳ならではエピソードを生き生きと語ってくださいます。

※辰巳さんのお名前の「琢」の字は文字右側に点が入りますが、本文中ではパソコンの表示上「琢」の字を使用しております。
予めご了承ください。

※前期・後期の展示替えにともない、ガイド内容も一部変わります。

再興院展100年記念
速水御舟 ―日本美術院の精鋭たち―
山種美術館
2013年8月10日(土)〜 10月14日(月・祝)
40年という短い生涯のなかで、常に新たな画風に挑み続けた速水御舟。

音声ガイドでは、御舟の画業とともに、彼と切磋琢磨しながら
活躍した院展画家たちの作品をご紹介します。

“明治から昭和初期、画家の心を揺さぶるものは何だったのか?”

御舟のこだわりの絵の具から、代表作「炎舞」が描かれた時のエピソードまで
じっくりと解説します。

第324回企画展
大宮エリー展
(dddギャラリー)
第195回企画展
大宮エリー展 −7年のOL時代と、7年間の今、−
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
2013年8月5日(月)〜 8月28日(水)
dddギャラリー
2013年11月5日(火)〜 12月20日(金)
大宮エリーさんが手掛けた14年間分の仕事を展示してあります。
音声ガイドは大宮エリーさん自身が解説致します。
是非お楽しみください!

ルーヴル美術館展
―地中海 四千年のものがたり―
東京都美術館
2013年7月20日(土)〜 9月23日(月・祝)
地中海を巡る、4千年の壮大な歴史物語を紐解く今回の展覧会。
古代ギリシア、エジプトの貴重な発掘品から、18、19世紀の名画まで、
様々な作品が一堂に揃います。

音声ガイドは 一般版 と ジュニア版 の2バージョンご用意してお待ちしております。


【一般版】

ナビゲーターは、元NHKアナウンサーの住吉美紀さん!

古代ギリシア、エジプトから中世の十字軍の時代、
さらに19世紀まで、地中海を巡る歴史をわかりやすくご案内。


ギリシア人風のクレオパトラって?

今はなきカルタゴにまつわる伝説とは?

ヨーロッパでエジプトブーム?     などなど


♪BGM

十字軍の時代の曲や、オスマン帝国に伝わったフランスの音楽、
さらに18世紀、19世紀のフランスの名曲の数々と共に、お楽しみください。
(音楽協力:株式会社マーキュリー  http://www.mercury-coo.com/)



【ジュニア版】 ※中学生以下は割引料金の¥400(税込)

ガイドのオリジナルキャラクター、
ギリシャ神話の狩りの女神「ディアナちゃん」とトロイアの王子「パリスくん」がご案内!


  ギリシャ神話の狩りの女神「ディアナちゃん」とトロイアの王子「パリスくん」

他にも、あの美女クレオパトラなど、いろんなキャラクターが登場しますよ。
地中海にまつわる品々の秘密を楽しく学べます。

声の出演:恒松あゆみ(ディアナちゃん ほか)/河本邦弘(パリスくん ほか)

特別展 マンモス「YUKA」
〜シベリアの永久凍土から現れた少女マンモス〜
パシフィコ横浜 展示ホールA
2013年7月13日(土)〜 9月16日(月・祝)
3万9千年前の冷凍マンモスが世界初公開!

奇跡の少女マンモスYUKAを目撃しに、この夏はぜひ横浜へお越しください。

音声ガイドは一般版とジュニア版の2バージョンをご用意しております。
どちらのガイドにも、ナビゲーターとして山口智充さんが登場!

【一般版】

マンモスとゾウの違いとは?
冷凍マンモスを生んだ永久凍土とは?
マンモスとヒトの関わりって?

マンモスを巡る様々な疑問をわかりやすく解説します。

さらに!ボーナストラックには、
展覧会公式サポーター、MAN WITH A MISSIONのメッセージを収録。
公式サポートソング「Wake Myself Again」もお聞きいただけます。

ナビゲーター:山口智充
解説ナレーション:恒松あゆみ


【ジュニア版】

3万年前からタイムスリップしてやってきたマンモスハンター、「ぐっさん」がご案内!
女性レポーターとのユーモア溢れる掛け合いで、お子様から大人の方までお楽しみ
いただけます。
YUKAの謎も、ハンター「ぐっさん」に聞けば間違いなし!?

マンモス・ハンター「ぐっさん」:山口智充
レポーター:恒松あゆみ

特別展
深海 −挑戦の歩みと驚異の生きものたち− 〜 The deep 〜
国立科学博物館
2013年7月6日(土)〜 10月6日(日)
「特別展 深海」音声ガイドのコンセプトは
“深海旅行社プレゼンツ 神秘の深海ツアー”

潜水艇に乗って深海を巡る・・・というツアー仕立てです。
ツアーガイド役に扮するのは声優の坂本真綾さん。
最新の研究成果から、深海に住む生物の不思議な生態まで詳しくガイド。
皆さまを魅惑の深海世界へとご案内します!

■スペシャルトラック■
国立科学博物館の窪寺博士がご登場!
世界初、ダイオウイカを撮影した際のとっておきの秘話などを語っていただきます。

■クイズに挑戦■
深海からダイオウイカ君がクイズを出題!イカに関するアレコレが楽しく学べます。

さらに・・・
■これは見逃せない!貴重な画像■
一部、会場では見られない生きている時の生物の姿をご覧いただけます。
出品された姿と見比べてみると、楽しさ倍増です!

深海・・・いまだ謎に包まれた神秘のその世界を、音声ガイドとともにお楽しみください。

アンドレアス・グルスキー展
東国立新美術館
2013年7月3日(水)〜 9月16日(月・祝)
国立国際美術館
2014年2月1日(土)〜 5月11日(日)
これは写真か? 世界が認めたアーティスト、アンドレアス・グルスキーの日本初の個展!

音声ガイドは、グルスキー自身の言葉を随所にちりばめ、
彼の制作スタイルに迫る内容です。

インスピレーションを与えたものは何?
どんな手法で撮影したのか?
作りこまれた写真・・・その制作過程とは?

”写真を使った画家”とも評されるグルスキー。
その魅惑の世界を豊富なエピソードとともにご紹介します。
見ているだけでは気づかないポイントもたっぷりご紹介した充実のガイドです。

音声ガイド・ナビゲーターを担当するのは、石丸幹二さん。
舞台や歌の表現とはひと味違う、石丸さんの“声”の魅力もご堪能ください。
公式サイトでは、プロローグの一部を試聴いただけます!

石丸幹二プロフィール
Kanji Ishimaru
劇団四季に17年在団後、09年に独立。
俳優の他、歌手としても活動し、13年にセカンド・アルバム「Love Songs」をリリース。
主な出演作に、舞台:『ジキル&ハイド』、
サイトウ・キネン・フェスティバル『兵士の物語』等。
映像:「酔いどれ小籐次」(NHK)、「半沢直樹」(TBS)等、映画「時をかける少女」等。

特別収録
グルスキーによる選曲Jin Choi - Carnivore (original mix) を作品と共にお楽しみください。 Lessizmore records http://www.lessizmore.com

Ge Ge Ge 水木しげるの妖怪楽園
大阪文化館・天保山
2013年6月29日(土)〜 9月1日(日)
「のんのんばあ の妖怪ツアー」

少年時代の水木しげる先生に、妖怪の話を語って聞かせた
「のんのんばあ」が皆さんを怖くて楽しい妖怪の世界へご案内!

「いろ〜んな妖怪がおるぞ。
ま、もし妖怪に出くわしても、わしの話を聞いておけば安心じゃ!」

塗壁、目々連、座敷わらし・・・
(他にどんな妖怪に会えるかは、会場でのお楽しみ!)

個性豊かな妖怪の特徴、彼らにまつわる昔話を雰囲気たっぷりにご紹介します。

水木しげる先生の生声メッセージも特別収録!

声の出演:巴菁子(のんのんばあ)


【限定プレゼント企画実施中】

オーディオツアー(音声ガイド)をご利用の方で、
ガイド領収書の下ひとけたの番号が「8」のお客様に、
非売品オリジナルポストカードをプレゼント!(※限定枚数に達したため、終了致しました)

非売品オリジナルポストカード


特別展
手塚治虫 × 石ノ森章太郎 マンガのちから
東京都現代美術館
2013年6月29日(土)〜 9月8日(日)
広島県立歴史博物館
2013年11月15日(金)〜 2014年1月5日(日)
大阪歴史博物館
2014年1月15日(水)〜 3月10日(月)
宮城県美術館
2014年5月31日(土)〜 7月27日(日)
音声ガイドは、手塚プロ・石森プロ監修のもと
日本アトムのマンガ文化の基礎を築いた巨匠2人の魅力あふれる
世界をご案内しています。

聴きどころは、なんといっても豪華声優陣の共演!

鉄腕アトム(津村まことさん)×島村ジョー(井上和彦さん)
そしてマンガ大学講師(恒松あゆみさん)がナビゲートします。

手塚先生と石ノ森先生の出会いや、制作秘話、代表作品の
見どころまで、楽しい会話スタイルでお届けします。

アトム誕生のエピソードとは?
サイボーグ009はこうして生まれた・・・。

などなど、エピソードたっぷりで展覧会をよりお楽しみいただけます!

浮世絵 Floating World
−珠玉の斎藤コレクション
三菱一号館美術館
2013年6月22日(土)〜 9月8日(日)
第1期:6月22日(土)〜7月15日(月・祝)
第2期:7月17日(水)〜8月11日(日)
第3期:8月13日(火)〜9月8日(日)
川崎・砂子の里資料館館長、斎藤文夫さんが長年かけて集めた、
浮世絵コレクションが一堂に会する展覧会です。

三期に分かれて展示される作品数はなんと600点。
第1期は清長、写楽、歌麿などスター絵師たちの美人絵・役者絵。
第2期は北斎、広重らの名所絵、そして第3期は幕末・明治期の浮世絵・・・

本邦初公開や新発見の浮世絵が目白押し、
そしてシリーズものがまとめて見れる貴重な機会でもあります。

3期すべてを鑑賞、そして音声ガイドを聞けば、
浮世絵の歴史がまるわかり!
絵師にまつわるエピソードもたっぷりご紹介しています。

そして、コレクター斎藤文夫さんと本展担当学芸員のメッセージ、
スペシャル解説も特別収録!


ほぼ1カ月ごとに展示替えがありますので、お見逃しなく!
ガイドと共にお楽しみください。

特別展 生誕140年記念
川合玉堂―日本のふるさと・日本のこころ―
山種美術館
2013年6月8日(土)〜 8月4日(日)
(前期:6/8〜7/7 後期:7/9〜8/4 )
日本人の心のふるさとを描いた画家・川合玉堂。
彼の生誕140年を記念した本展は、山種美術館の
所蔵する玉堂作品すべてが、前期・後期で一挙
公開されるとても貴重な展覧会です。

玉堂の生涯、人柄、彼が影響を受けた絵画とは・・・
音声ガイドでは、彼の言葉を交えながら、詩情あふれる
作品世界へとみなさまをご案内いたします。

現代スペイン・リアリズムの巨匠
アントニオ・ロペス展
Bunkamura ザ・ミュージアム
2013年4月27日(土)〜 6月16日(日)
長崎県美術館
2013年6月29日(土)〜 8月25日(日)
現代スペイン・リアリズムの巨匠、アントニオ・ロペス日本初の個展
♪音声ガイド・ナビゲーターは永作博美さん!

1992年の映画「マルメロの陽光」でも知られるアントニオ・ロペスは
80歳近いスペインの国民的画家。
今も意欲的に制作を続ける彼の初期から最新作まで、
絵画や素描、彫刻などの作品を一挙に公開する大変貴重な展覧会です。

音声ガイド全編のナレーションをご担当した永作さんは
「ロペスの作品に魅せられて、私がもっとロペスを知りたくなった」

と語っています。
ガイドではロペスの言葉をふんだんにちりばめ、知られざる彼の制作スタイルにも迫ります。

♪本展イメージソング フラメンコギタリスト沖仁「サンパブロ通りの天使たち」
のほか、2曲も収録


♪BGMには スカルラッティの「ソナタ ハ長調」
(音楽協力:(株)マーキュリー)
http://www.mercury-coo.com/


代表作《グラン・ビア》や、娘の姿を繊細なタッチで仕上げた《マリアの肖像》など、
驚くべきテクニックは必見です。
ぜひ、音楽とともにお楽しみください。

国宝 大神社展
東京国立博物館 平成館
2013年4月9日(火)〜 6月2日(日)
九州国立博物館
2014年1月15日(水)〜 3月9日(日)
ナレーションは元NHKアナウンサーの山根基世さん

日本全国の神社から、貴重な宝物が集められた大神社展。
なかには今後、もう二度とみることができないかもしれない
門外不出の宝物もあります。

どの品々にも神様を敬う心でいっぱい・・・
贅を尽くした技法や、仏像とは異なる神像独自の表現などを
音声ガイドではわかりやすく解説しています。

さらには、神社の由緒や背景にある物語なども詳しく、ご紹介。
奥深い神々の世界へと誘います。

BGMには雅楽や舞楽のほか、日本古来の音楽 “国風歌舞” を使用。
めったに聴けない貴重な音源です。
音楽協力:(有)スタジオノハラ

新緑の上野・東京国立博物館で、神様パワーに包まれてみませんか?

百花繚乱 ―花言葉・花図鑑―
山種美術館
2013年4月6日(土)〜 6月2日(日)
桜はもう散ってしまった・・・と思われる皆様へグッドニュース!
美術館でお花見が叶うのがこの「百花繚乱」展です。

展示室内には、満開の桜の絵のほか、四季おりおりの花々を
描いた絵でいっぱいです。

古より、日本人は季節の花をどのように愛でてきたのでしょうか?
画家ごとに異なる、草花の表現など、音声ガイドでは見どころを
たっぷり解説。
ときには花言葉も交えた、聴きどころ満載のガイドです。

〜お得な情報〜
2000円で5名様分の音声ガイドをご利用いただけるお得なクーポンを
絶賛発売中!

2013年に山種美術館で開催されるすべての展覧会で音声ガイドのご利用が可能です。
おひとりでも、またご友人とでも使い方は自由です。
ぜひ、この機会にお買い求めください。

ゴッホ展 - 空白のパリを追う
京都市美術館
2013年4月2日(火)〜 5月19日(日)
宮城県美術館
2013年5月26日(日)〜 7月15日(月)
広島県立美術館
2013年7月22日(月)〜 9月23日(月・祝)
ゴッホ、33歳の年から、弟テオと共にパリで暮らした700日。
弟との手紙のやり取りがほとんどなく、謎に包まれた空白の時代です。
このパリ時代にゴッホの画風は劇的に変化します。

音声ガイドでは、タッチ、色彩、構図に注目。
作品からその変遷を丁寧に紐解きます。
また、数少ない手紙から拾い上げたゴッホの言葉もたっぷりご紹介。

ナレーションは、MBSアナウンサー井美紀さんと西靖さん!
井アナが作品の見どころをわかりやすく、
そして、西アナが時にゴッホに扮して臨場感たっぷりにご案内します。

♪2点のボーナストラックでさらにゴッホを深く知る!

アルル時代のゴッホ/パリでの画家仲間が語るゴッホ

♪BGMには、19世紀後半のパリを彩った音楽!

ベルギー出身でフランスで活躍したセザール・フランク。
そしてサン=サーンスやフォーレの名曲をたっぷり収録。
(音楽協力:(株)マーキュリー http://www.mercury-coo.com/

特別展覧会 狩野山楽・山雪
京都国立博物館
2013年3月30日(土)〜 5月12日(日)
桃山から江戸という動乱の時代を生き抜き、
京狩野の礎を築いた狩野山楽、山雪。

音声ガイドでは、その波乱の生涯と、独特の濃厚華麗な画風を余すところなくご紹介します。

ナビゲーターは女優で、京都国立博物館広報特使の藤原紀香さん!
源氏物語や長恨歌など、作品のテーマとなった物語を情感たっぷりの語りでご案内します。

作品解説ナレーターはお馴染みの安井邦彦さん。
絢爛たる障壁画から、仏画、絵巻まで、
様々なジャンルの作品の見どころをわかりやすく解説します。
山雪ならではの、構図の妙、粋を極めた技法も徹底解剖。

さらに、春にふさわしい雅楽や、唐の時代の五絃琵琶の復元楽器の音色も特別収録。
(音楽協力:(有)スタジオノハラ)

山楽、山雪の名品が一堂にそろう、またとない機会を、
ぜひ音声ガイドと共にご堪能ください。

ミュシャ財団秘蔵
ミュシャ展 パリの夢 モラヴィアの祈り
森アーツセンターギャラリー
2013年3月9日(土)〜 5月19日(日)
新潟県立万代島美術館
2013年6月1日(土)〜 8月11日(日)
愛媛県美術館
2013年10月26日(土)〜 2014年1月5日(日)
宮城県美術館
2014年1月18日(土)〜 3月23日(日)
北海道立近代美術館
2014年4月5日(土)〜 6月15日(日)
19世紀末、ベル・エポックのパリ・・・
華やかなポスターで一世を風靡したミュシャ。
一方、生涯を通して、祖国チェコへの思いを胸に抱き、
作品に取り組み続けたことをご存知ですか?

音声ガイドでは、そんな知られざるミュシャの素顔を、
本人の残した言葉をたっぷり織り交ぜ、ご紹介します。

サラ・ベルナールとの出会いと友情、人気画家となってからの葛藤、
息子が語るミュシャ、そして祖国への思いを新たにしたきっかけとは・・・

♪ナレーションは、朝の情報番組「Zip!」でもお馴染み、
日本テレビアナウンサー 桝 太一さん!

公式サイトでは、ガイド収録時に寄せてくださった、コメント(動画)もご覧いただけます。

♪BGMには ピエルネ、ヴィドール、そしてスメタナ、クリチュカ・・・
世紀末パリ、そしてチェコを彩った名曲の数々と共に、
ミュシャの世界をご堪能ください。
(音楽協力:株式会社マーキュリー http://www.mercury-coo.com/)

♪ボーナストラックでは、本展テーマソング ベッキー♪♯「time to go!」
お楽しみいただけます。



「入場者10万人突破記念! 限定プレゼント企画」

10万人突破を記念して、プレゼント企画第4弾が実施されます。
下記時間帯に音声ガイドを借りてくださった方にもれなく、
特製しおり(非売品・2枚セット)をプレゼント。
※無くなり次第終了。
※お一人様、1セットのお渡しです。(絵柄はお選びいただけません。)

フランシス・ベーコン展
東京国立近代美術館
2013年3月8日(金)〜 5月26日(日)
豊田市美術館
2013年6月8日(土)〜 9月1日(日)
フランシス・ベーコン展、30年ぶりに日本で開催!
〜音声ガイドスペシャルナビゲーターは熊川哲也さん〜

今年もっとも見たい展覧会の一つとされているのが
「フランシス・ベーコン」展。
熊川さんは、ベーコンについてはもちろん
本展のテーマ”身体”や自らの芸術についても語っています。

そして熊川さんならではのガイドはなんといっても “ダンス” について。
ベーコンの作品に影響を受けた舞踏家・土方巽や、ウィリアム・フォーサイスの
ビデオ映像のコーナーでは、たっぷりと解説しています。
まさにベーコン展にふさわしい充実した内容です。

また、作品解説は恒松あゆみさんが担当しています。

作品のイメージソースとなったものは何なのか?
ベーコンが描きたかったものは何だったのか?

ベーコンの残した印象的な言葉から、彼の人物像にも迫ります。
会場でぜひ、作品とともにお楽しみください!

♪BGM: ブラームス「ヘンデルの主題による変奏曲」など
同じ主題を繰り返し描くベーコンと”変奏曲”には、何か共通する
ものがあるかもしれません・・・。
ベーコンの世界観を深めるようなBGMでじっくりお楽しみください。

使用楽曲を収録したCDはミュージアムショップでお買い求めいただけます。
(音楽提供:(株)マーキュリー http://www.mercury-coo.com/)

琳派から日本画へ
―和歌のこころ・絵のこころ―
山種美術館
2013年2月9日(土)〜 3月31日(日)
今日からみても、モダンで豊かなデザイン性を誇る、
江戸時代の琳派の作品。
本展では、琳派にとって重要な意味を持つ「和歌」に注目し、
平安時代から現代までの数々の名品をご覧頂けます。

音声ガイドでは、描かれた和歌や物語の優美な世界を
わかりやすく解説いたします!

したためられた和歌の意味、描かれた物語の場面・・・
作品の背景を知ると、展覧会をもっとお楽しみ頂けます。
いつの時代においても「新しい」琳派の世界を
ぜひ音声ガイドとともにご堪能下さい。
※数年にわたる巡回展は、初年度を表示しています。
Home
[音声ガイド] 貸出中の会場
実績
会社案内
ガイド機器
音声ガイドアプリ(App)
[オーディオツアー] コンセプト
採用情報
ニュースリリース
サイトマップ
個人情報保護方針
利用規約
twitter
お問合わせ


TOP