Home > これまでの実績 > 音声ガイドの内容(2017年)

実績/Results
■シャガール展 三次元の世界
新海誠展
ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信
神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展
特別展 川合玉堂
北斎とジャポニスム
パリ グラフィック ―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
特別展 新・桃山展
北斎 ―富士を超えて―
特別展覧会 国宝
安藤忠雄展 −挑戦−
鋼の錬金術師展
宝物館特別公開 よみがえる奉納刀
特別展 驚異の超絶技巧!
企画展 上村松園
ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
メガ恐竜展2017
ボストン美術館の至宝展
ギガ恐竜展2017
特別展 地獄絵ワンダーランド
特別展 「深海2017」
サンシャワー:東南アジアの現代美術展
特別展 戦国!井伊直虎から直政へ
川端龍子 ―超ド級の日本画―
ジャコメッティ展
パリジェンヌ展 時代を映す女性たち
技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル
花 * Flower * 華 ―琳派から現代へ―
ブリューゲル「バベルの塔」展
奈良西大寺展 叡尊と一門の名宝
特別展覧会 海北友松
マティスとルオー
大エルミタージュ美術館展
大英自然史博物館展
シャセリオー展
ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!
草間彌生 わが永遠の魂
日本画の教科書 東京編 ―大観、春草から土牛、魁夷へ―
オルセーのナビ派展:美の預言者たち
N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅
ティツィアーノとヴェネツィア派展
特別展 春日大社 千年の至宝
音声ガイドの内容
2017年に導入された弊社の音声ガイドの内容です。
テキストのみとなります。 音声ガイドのサンプルを試聴されたい方は こちら >>

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
展覧会名
開催場所
シャガール展 三次元の世界
〜キャンヴァスから飛び出す恋人や動物たち〜
名古屋市美術館
2017年12月14日(木)〜2018年2月18日(日)
青森県立美術館
2018年 3月10日(土)〜5月6日(日)
シャガールが絵画だけでなく、三次元の立体作品にも情熱を傾けた事、
ご存知でしたか?
陶器、浅浮彫、丸彫りの彫刻・・・

音声ガイドでは、絵画と彫刻作品の表現の違い、共通点に注目。
シャガールが素材とどう向き合い、想像力を発揮したかを紐解きます。
またシャガールの生涯を辿り、彼が残した言葉もたっぷり紹介しながらご案内します。

ナレーション:安井邦彦
♪BGM:ドビュッシーやプーランクなど、19世紀〜20世紀初頭のフランスの名曲

新海誠展
「ほしのこえ」から「君の名は。」まで
国立新美術館
2017年 11月11日(土)〜12月18日(月)
札幌芸術の森美術館
2018年 1月3日(土)〜2月25日(月)
阪急うめだ本店 9階  阪急うめだギャラリー
2018年 3月14日(水)〜4月2日(月)
みやざきアートセンター
2018年 4月14日(土)〜5月27日(日)
TFUギャラリーMiniMori
2018年 6月2日(土)〜7月8日(日)
北九州市漫画ミュージアム
2018年 7月21日(土)〜9月24日(月・祝)
金沢21世紀美術館
2018年 10月6日(土)〜11月2日(金)
2016年に『君の名は。』で日本映画史に残るさまざまな偉業を達成し、
今、最も注目されるアニメーション監督、新海誠。

今年デビュー15周年を迎えた新海監督の大規模展覧会が開催。
15年間の歩みの中での新海監督の挑戦、作品の進化や変化を明らかにします。

音声ガイドナビゲーターは、神木隆之介さん!

映画『君の名は。』で主人公のひとり、立花瀧を演じるだけでなく、
自他ともに認める新海作品の大ファンである神木さんが、
主要6作品を中心に、監督について、作品世界について語り尽くします。


映画音楽のBGMとともに、たっぷりとお楽しみ下さい。

ボストン美術館浮世絵名品展  鈴木春信 名古屋ボストン美術館
2017年11月3日(金)〜2018年1月21日(日)
あべのハルカス美術館
2018年 4月24日(火)〜6月24日(日)
福岡市博物館
2018年 7月7日(土)〜8月26日(日)※予定
モノクロが主流だった浮世絵が、カラフルに激変した江戸時代半ば。
フルカラーの美しい木版画、「錦絵」を世に広めた春信が描く美人画は、
一大ブームを巻き起こしました。

現存する作品の8割以上が海外にあり、今では日本で見ることが難しい春信作品。

このたび、アメリカ・ボストン美術館より一挙来日し、
春信が浮世絵の発展に果たした大きな役割を明らかにします。

音声ガイドナビゲーターは、声優の武内駿輔さん!

●和歌や故事などを交えながら、情趣あふれる世界へご案内します。

●春信の人物像や、江戸の人々との交流にも迫ります。

●絵に隠されたテーマや、浮世絵の技法もわかりやすく解説します。

ぜひ、ご堪能ください。

神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の
驚異の世界展
福岡市博物館
2017年 11月3日(金・祝)〜12月24日(日)
Bunkamuraザ・ミュージアム
2018年 1月6日(土)〜3月11日(日)
佐川美術館
2018年 3月21日(水・祝)〜5月27日(日)
16世紀の神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世。
美術品、工芸品、機械から動植物まで、あらゆるものを集めた稀代のコレクターです。
そんなルドルフ2世のコレクションの世界をご紹介する展覧会。

ガイド・ナビゲーターは 俳優の安田顕さん!

ルドルフが興味を持った品々にまつわる秘密を解き明かします。
また、博識なインテリ、はたまたメランコリックな変り者、
ともいわれる ルドルフにまつわるエピソードもご紹介。皇帝の素顔に迫ります。

♪BGMには、ルドルフの宮廷で活躍したデ・モンテや、
天文学者ガリレイの弟の曲などをお聞きいただけます。

ルドルフ2世のワンダーランドを存分にお楽しみください。

特別展 没後60年記念
川合玉堂 ―四季・人々・自然―
山種美術館
2017年 10月28日(土)〜12月24日(日)
明治から昭和にかけて日本画壇を代表する画家として活躍した川合玉堂。
美しい自然とそこに暮らす人々の姿を情緒豊かに描きあげ、
今なお多くの人々を魅了し続けています。

見るものを郷愁へと誘う玉堂の芸術は、どのようにして生まれたのか。
没後60年を記念し、代表作80点からその足跡を辿ります。


音声ガイドのナレーションは、安井邦彦さん。

●作品に込めた思い、家族や他の画家との交流・・・
 エピソードや言葉を交えて紐解きます。

●優れた画人であり、詩人でもあった玉堂の芸術世界をご紹介。

●日本画の技法や時代背景などもわかりやすく解説します。

北斎とジャポニスム
HOKUSAIが西洋に与えた衝撃
国立西洋美術館
2017年10月21日(土)〜2018年1月28日(日)
天才浮世絵師・葛飾北斎を切り口に、ジャポニスムという現象を読み解く、
世界初の大規模な展覧会!
印象派やアール・ヌーヴォーなどの作品と北斎の作品を比べながら紹介します。
ここにしかない奇跡の空間、まさに夢の共演です!

音声ガイドナビゲーターは、俳優の松重豊さん。
“ある美術店店主”に扮し、ジャポニスムの世界を読み解きます。
19世紀、日本美術に熱狂したパリの美術店を訪れた気分で
お楽しみください。

◆スペシャルトラック 本展監修者・馬渕明子館長(国立西洋美術館)による
展覧会ウェルカムメッセージ


♪BGM
クロード・ドビュッシー、モーリス・ラヴェルなどの音楽を
貴重な古楽器の演奏で・・・

●対応言語:日本語、English、中文、韓国語

パリ グラフィック
―ロートレックとアートになった版画・ポスター展
三菱一号館美術館
2017年10月18日(水)〜2018年1月8日(月)
19世紀末パリ―。華やかなベル・エポックの時代に花開いた、
版画やポスターなどのグラフィック・アート。
本展は、世界有数の19世紀末の版画コレクションを誇る、
アムステルダムのファン・ゴッホ美術館と三菱一号館美術館との共同企画で、
当時のアート界を代表する芸術家たちによる、選りすぐりの作品をご紹介します。

音声ガイドナビゲーターは、元宝塚歌劇団・雪組トップスターの水夏希さん!
そして、三菱一号館美術館の高橋明也館長による特別解説も。

●ロートレックやボナール、ドニら芸術家、そして女優や収集家の言葉から、
 当時の情景を浮き彫りにします。

●作品の見どころや技法をわかりやすく解説しながら、
 舞台、文学、音楽など当時流行した芸術・文化の魅力にも迫ります。

●BGMもたっぷり♪
 サティ、ドビュッシーなど、同時代のフランス音楽とともにお楽しみください。

西日本新聞創刊140周年記念 特別展
新・桃山展 - 大航海時代の日本美術
九州国立博物館
2017年 10月14日(土)〜11月26日(日)
16世紀、安土桃山時代。
信長、秀吉、家康が天下に名乗りを上げた動乱の時代は、
ヨーロッパでは大航海時代。
種子島への鉄砲伝来に始まり、日本と異国との交流が盛んな時代でもありました。

狩野永徳など天下人が愛した豪壮華麗な桃山美術から、
異国との交流を物語る貴重な品々、キリシタンの歴史などをご紹介します。

ガイド・ナビゲーターは草刈正雄さん!
3人の天下人やキリシタンにまつわるエピソードをドラマチックにご紹介。
歴史背景も分かりやすく解説します。
(解説ナレーター:藤村紀子)

海を越えて行き来した品々に思いを馳せてみてください。

大英博物館 国際共同プロジェクト
北斎 ―富士を超えて―
あべのハルカス美術館
2017年 10月6日(金)〜11月19日(日)
稀代の浮世絵師、葛飾北斎。
江戸時代後期に活躍した彼の作品は、やがて海をこえ、
ゴッホやモネをはじめ、西洋の芸術家たちにも影響を与えました。

本展は、北斎の晩年30年の画業に焦点をあて、世界中から名品が集結。
イギリスの大英博物館とあべのハルカス美術館との
国際共同プロジェクトにより実現した、貴重な機会となります。


音声ガイドナビゲーターは、俳優・三宅弘城さん!

セリフやエピソードを交えながら、江戸情緒たっぷりにご案内します。
90歳まで描き続けた画狂老人・北斎が目指した美の境地とは?
その全貌に迫ります。
(解説ナレーター:藤村紀子)

開館120周年記念
特別展覧会 国宝
京都国立博物館 平成知新館
2017年 10月3日(火)〜11月26日(日)
2017年は、「国宝」と「京都国立博物館」が誕生して120周年のメモリアルイヤー。
縄文から近世に至るまで、日本の悠久の歴史を伝える約200件の国宝の数々を、
大きく4期にわけてご紹介する展覧会です。

音声ガイドの スペシャルナビゲーターは、
京都国立博物館の文化大使を務める 俳優・竹下景子さん!
解説ナレーションは、声優の三宅健太さん。


ひとつひとつの国宝に刻まれた歴史と美の物語をご紹介します。

※展示替に伴い、ガイド内容も一部変更します。
作品の展示状況は 展覧会公式サイトよりご確認ください。
T期 10月3日(火)〜10月15日(日)
U期 10月17日(火)〜10月29日(日)
V期 10月31日(火)〜11月12日(日)
W期 11月14日(火)〜11月26日(日)

♪日本語のみのスペシャルトラック
展覧会フラッグアーティスト 谷村新司さんによる
テーマソング『嗚呼』を特別収録。

●対応言語:日本語、English、中文、韓国語

国立新美術館開館10周年
安藤忠雄展 −挑戦−
国立新美術館
2017年 9月27日(水)〜12月18日(月)
元プロボクサー、独学で建築を学ぶという異色の経歴で知られる建築家・安藤忠雄。
いかに生きて、いかに創り、今どこに向かおうとしているのか・・・
その壮大な挑戦の軌跡と未来への展望を紹介する展覧会です。

音声ガイドでは、安藤氏本人が主要な14作品を自らの言葉で詳しく解説
ここでしか聞けないエピソードが満載!

働くとは生きるということ、暮らすとは考えること。
キケンな人物は有利であること。死ぬまで全力疾走し続けること・・・。

力強い言葉と、ユーモアたっぷりの安藤氏自身の語りをお楽しみください。

(解説ナレーション:出水麻衣TBSアナウンサー)

●対応言語:日本語、English、中文、韓国語

映画公開記念
鋼の錬金術師展
東京ドームシティ Gallery AaMo
2017年 9月16日(土)〜10月29日(日)
大阪南港ATCミュージアム
2017年 11月3日(金・祝)〜11月30日(木)
香美市立やなせたかし記念館
2017年12月20日(水)〜2018年2月12日(月・祝)
神戸ゆかりの美術館
2018年 4月21日(土)〜7月8日(日)
新潟市マンガ・アニメ情報館
2018年 7月14日(土)〜 8月19日(日)
マツザカヤホール
2018年 8月22日(水)〜9月9日(日)
北九州市漫画ミュージアム
2018年 10月13日(土)〜12月9日(日)


宝物館特別公開
よみがえる奉納刀
石切劔箭神社
2017年 9月16日(土)〜9月18日(月)
2017年 11月23日(木)〜11月26日(日)


特別展 驚異の超絶技巧!
―明治工芸から現代アートへ―
三井記念美術館
2017年 9月16日(土)〜12月3日(日)
岐阜県現代陶芸美術館
2018年 6月30日(土)〜8月26日(日)
2015年に好評を博した「超絶技巧!明治工芸の粋」展の第2弾。
今回は、明治工芸から現代アートまで、
まさに超絶技巧の作品の数々をご紹介します。

見るからに細かい文様の作品だけでなく、
一見、普通の陶磁器や彫刻でも、その制作過程を知れば、皆さん驚きを隠せないはず!

音声ガイドでは、そんな制作方法、技法を分かりやすく解説します。
ナレーションはアナウンサーの山根基世さん。
穏やかな語りで、作家の言葉も交えてご案内します。

企画展 上村松園 ―美人画の精華― 山種美術館
2017年 8月29日(火)〜10月22日(日)
美人画の名手と謳われる女流画家、上村松園。
京都で生まれ育った松園は、人物画一筋に打ち込み、
清らかで端正な女性像を描き続けました。

日本屈指の松園コレクションで知られている山種美術館では、
《蛍》、《砧》などの代表作を含む全18点を一挙公開!

松園作品と併せて、江戸時代から現代に至るまで、
さまざまな画家たちによって描かれた女性像をご紹介いたします。

音声ガイドのナレーターは、安井邦彦さん。

作家や作品の見どころを分かりやすくご案内いたします。
古今の美人画から、各時代の風俗や美の変遷をお楽しみください。

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 北海道立近代美術館
2017年 8月26日(土)〜10月15日(日)
東京都美術館
2017年10月24日(火)〜2018年1月8日(月・祝)
京都国立近代美術館
2018年 1月20日(土)〜3月4日(日)
浮世絵など、日本の芸術・文化に魅せられたゴッホ、
そしてゴッホの情熱的な作品、生き方に憧れた日本人・・・
この展覧会では、ゴッホと日本の間で紡がれた夢を作品や手紙などの記録から辿ります。

音声ガイドのナビゲーターは、常盤貴子さん。
この春に南仏を訪れ、ゴッホの足跡をたどった常盤さんが、
画家が作品に込めた日本への思いを紐解きます。
ゴッホ自身の言葉もセリフ調で織り交ぜ、臨場感たっぷりにご紹介。
(ゴッホ役ほか:佐々木啓夫)

さらに日本近代の芸術家たちがゴッホにどんな思いや憧れを寄せていたか、
様々なエピソードも聴きどころです。

♪19〜20世紀のフランスやベルギーの名曲をBGMにお楽しみいただけるガイドです。

メガ恐竜展2017
−巨大化の謎にせまる−
大阪南港 ATCホール
2017年 7月25日(火)〜9月3日(日)
恐竜の中でも、竜脚類の巨大化に迫る展覧会です。
ヨーロッパ最大のトゥリアサウルスや、ディプロドクスなどの巨大な復元骨格は迫力満点!

音声ガイドは、化石ハンターがご案内する、「メガ恐竜探検ツアー!」
化石ハンター役には、「ジョジョの奇妙な冒険」や「おそ松さん」など
数々のアニメで活躍中の 声優の小野大輔さん。

呼吸、食べ方など、様々なキーワードと共に分かりやすく、楽しく解説します。

小・中学生の夏休みの自由研究にもぴったりです。
ぜひガイドと共に恐竜巨大化の謎を解いてみて下さい。

ボストン美術館の至宝展
― 東西の名品、珠玉のコレクション
東京都美術館
2017年 7月20日(木)〜10月9日(月・祝)
神戸市立博物館
2017年 10月28日(土)〜2018年2月4日(日)
名古屋ボストン美術館
2018年2月18日(日)〜7月1日(日)
アメリカでもっとも古い歴史を持つ美術館の一つ、ボストン美術館。
そのコレクションは、洋の東西を問わず、およそ50万点!
古代エジプト美術から、現代のアートシーンをリードする作品まで・・・
選りすぐりの80点を紹介する展覧会です。

音声ガイドナビゲーターは、女優の竹内結子さん!
“美の百科事典” のページをめくるようにご案内します。
ひとつひとつの作品に秘められた物語とは、一体・・・。
作品の見どころはもちろん、コレクション形成の秘密にも迫ります。

◆番外編ガイド『ボストン美術館ものがたり』
T:ボストン美術館を支えた日本人
U:美術館のお引越し!?

♪BGM
ベートーヴェンやワーグナーなど、ボストン美術館設立にゆかりが深い音楽

ギガ恐竜展2017
−地球の絶対王者のなぞ−
幕張メッセ国際展示場11ホール
2017年 7月15日(土)〜9月3日(日)
誕生から1億6000万年もの間、地球の絶対王者として君臨した恐竜。
どうして大繁栄することができたのか・・・、その秘密に迫ります。

世界最大級の竜脚類「ルヤンゴサウルス」の全身復元骨格や
ティラノサウルスの共食い説を裏付ける“ワイレックス”など
日本初公開の恐竜たちをどうぞお見逃しなく。

「なぞ解き冒険音声ツアー」のナビゲーターは、
うたのお兄さんでおなじみ、歌手の横山だいすけさん!

さあ、一緒に恐竜の世界をのぞいてみましょう。

横山だいすけさんからのメッセージはこちらからご覧いただけます。

特別解説:柴田正輝 (福井県立恐竜博物館 主任研究員)
スペシャルコンテンツ:恐竜3択クイズ

◆特製オリジナルうちわ(非売品)プレゼント◆

※予定配布枚数に達し次第、終了。

特別展 地獄絵ワンダーランド 三井記念美術館
2017年 7月15日(土)〜9月3日(日)
美術館で地獄めぐりをしてみませんか?

そもそも、仏教の世界観で地獄とはどんな場所なのか!?
私たちは死んだ後、どうなるのか? 裁きを下し、魂の行先を決めるのは閻魔様だけ
じゃない!?
様々な地獄絵、極楽図から分かりやすくひも解きます。

そんな地獄体験ツアーのガイド役は、声優の関俊彦さん。
恐ろしい地獄の世界ですが、ときにユーモアをこめて楽しくご案内します!

ガイドを聞けば、きっとあなたも地獄通。
地獄についてよく知れば、よもや地獄落ちなんてこともないはずです。

ガイドをお供に地獄めぐりを楽しんでみてください。

※前期・後期の展示替えにてガイド内容も一部変わります。

特別展「深海2017」−DEEP OCEAN−
〜最深研究でせまる”生命”と”地球”〜
国立科学博物館
2017年 7月11日(火)〜10月1日(日)
2013年、ダイオウイカで大反響を呼んだ「深海展」から4年・・・・。
この夏、さらにパワーアップして「深海2017」が開催!

海の中で深海と呼ばれるのは、水深200メートルよりも深いところ。
なんと海全体の面積の90%以上が、深海にあたります。
まさに地球最後のフロンティアとよばれる深海には、
地球や生命の謎を解くヒントが眠っています。

その謎に迫る本展の音声ガイドナビゲーターは、中川翔子さん!

深海ファンとして知られ、
有人潜水調査船「しんかい6500」にも乗ったことがある中川さんが、
深く、深〜くご案内します。

スペシャルコンテンツも盛りだくさん!
◎深海クイズ
◎「しんかい6500」に搭乗した時の体験談
◎展覧会監修の倉持博士、藤倉博士の特別解説


さあ、未知なる深海の世界へ探検しましょう!


●対応言語:日本語、English、中文、韓国語

サンシャワー:東南アジアの現代美術展
1980年代から現在まで
国立新美術館/森美術館 ※2館同時開催
2017年 7月5日(水)〜10月23日(月)
ASEAN設立50周年にあたる2017年

東南アジアの現代美術を紹介する史上最大規模の展覧会です。

いま世界が注目する東南アジアの現代美術、選りすぐりのアーティスト86組の作品を、
国立新美術館と森美術館の2館にて同時公開。
インパクト大のインスタレーションなど、充実の内容です。
激動の近代史を超えて、発展の道を突き進む東南アジアのダイナミックな今を体験
できるはず。

日本語のナレーションは、ポップでアップテンポなヴォイスの 荒戸完さん。

東京を代表するアートスポットの六本木で、周辺ギャラリーなどをフェス感覚で
巡ってみてはいかがでしょう?


●対応言語:日本語、English、中文、韓国語

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」
特別展 戦国!井伊直虎から直政へ
東京都江戸東京博物館
2017年 7月4日(火)〜8月6日(日)
静岡県立美術館
2017年 8月14日(月)〜10月12日(木)
彦根城博物館
2017年 10月21日(土)〜11月28日(火)
2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」
ドラマにちなみ、井伊家の歴史をご紹介する展覧会です。

今川や武田、徳川など、戦国大名たちに翻弄されながらも、
激動の時代を生き抜き、江戸の世で確固たる地位を築いた井伊家。

音声ガイドのナレーションは、大河ドラマで直虎の師・南渓和尚を演じる、小林薫さん!

後継ぎを次々と失い、存亡の危機にあった井伊家を次世代につないだ次郎法師の奮闘、
そして徳川家康のもとでの直政の活躍など、
様々なエピソードを味わいある語りでご紹介します。

天下人たちと井伊家の関わりや、「井伊の赤備え」のルーツなど聴きどころ満載!
大河ドラマのサントラからのBGMも、世界観を盛り上げます。

ぜひ音声ガイドと共に、井伊家の活躍を紐解いてみてください。

特別展 没後50年記念
川端龍子 ―超ド級の日本画―
山種美術館
2017年 6月24日(土)〜8月20日(日)
大正から昭和の日本画壇に旋風を巻き起こした画家がいます。
その名は、川端龍子(かわばた・りゅうし)。

洋画家から日本画家へと転じた龍子は、
独学で学び、当時の常識を覆す斬新な日本画を打ち出します。

やがて「健剛なる芸術」をスローガンに掲げ、
ダイナミックでスケールの大きな作品を次々と発表しました。

12年ぶりに開催される回顧展では、代表作が一堂に会します。

音声ガイドのナレーションは、安井邦彦さん。

●生涯を追いながら、作品の見どころを丁寧に解説
●龍子の言葉からその人物像を浮き彫りに


龍子が目指した新しい日本画とは、一体どのようなものだったのか?
「会場芸術」と称された龍子の「超ド級」な作品世界をご堪能ください!

国立新美術館 開館10周年
ジャコメッティ展
国立新美術館
2017年 6月14日(水)〜9月4日(月)
豊田市美術館
2017年 10月14日(土)〜12月24日(日)
20世紀を代表する彫刻家、アルベルト・ジャコメッティの国内約10年ぶりの大回顧展です。
初期から晩年まで、約135点の作品から
「見えるものを見えるとおりに表したい」と語った芸術家の全貌に迫ります。

ナビゲーターは、音声ガイド初挑戦の俳優・速水もこみちさん!
ジャコメッティが残した言葉とともに、ドラマティックにご案内します。

また、スペシャルトラックには、
編集者・評論家として活躍される山田五郎さんが登場。
日本人の私たちなら共感できる!?
ジャコメッティの“引き算の美学”に迫ります。
さらには、展覧会公式テーマ曲『流星』(作曲・演奏:川井郁子)も特別収録しました。

3名の方々からのスペシャルコメントはこちらからご覧いただけます。

●対応言語:日本語、English、中文、韓国語
(※愛知展は日本語のみ)

ボストン美術館
パリジェンヌ展 時代を映す女性たち
名古屋ボストン美術館
2017年 6月10日(土)〜10月15日(日)
世田谷美術館
2018年 1月13日(土)〜4月1日(日)
広島県立美術館
2018年 4月11日(水)〜6月10日(日)
パリジェンヌ・・・
今も昔も、多くの人が憧れを込めてそう呼ぶ女性たち。その魅力に迫る展覧会です。
18世紀から20世紀、時代ごとに様々な顔を見せるパリジェンヌたち。
彼女たちの姿を描いたロココ時代や印象派の様々な名画に写真、
そしてドレスや小物のファッションアイテムがずらりと並びます。

音声ガイドでは、
パリジェンヌのファッション、生み出した流行、そして時代の先端を行く生き方に注目!
ナレーションは、声優の 梅原裕一郎さん、恒松あゆみさん。

BGMにはパリの香り溢れる19世紀フランスの名曲の数々。
グノーやサティ、ポリーヌ・ヴィアルド ほか

ガイドを聞けば、あなたもきっとパリジェンヌに!

(東京展、広島展) ナビゲーターは中村江里子さん、 (作品解説)梅原裕一郎さん

技を極める ―ヴァン クリーフ&アーペル
ハイジュエリーと日本の工芸
京都国立近代美術館
2017年 4月29日(土・祝)〜 8月6日(日)
およそ1200年の歴史の中で、優れた芸術を育み、
日本の文化の中心として栄えてきた京都。

陶芸や金属工芸など、工芸品の宝庫でもあります。
とりわけ明治時代の工芸は、技術的に精緻を極め、
海外でも高く評価されました。

本展では、ヴァン クリーフ&アーペルのハイジュエリーを
京都の珠玉の工芸品と、その技を引き継ぐ現代の作品とともに展示します。
技を極めた先に花開く、豊かな表現の競演をお楽しみください。

音声ガイドナビゲーターは、女優の松雪泰子さん!

日仏の職人たちが磨いた、超絶技巧の世界をご案内します。

●対応言語:日本語・English・中文・韓国語

花 * Flower * 華 ―琳派から現代へ― 山種美術館
2017年 4月22日(土) 〜 6月18日(日)
表情豊かな四季に恵まれ、自然に親しみ交わってきた日本人。
とりわけ花に対する繊細な美意識は、古くから育まれてきました。

季節の移ろいや寓意などを象徴する花は、
日本美術の中で重要なモティーフとなり、
様々なかたちで表現されてきました。

●酒井抱一《月梅図》、奥村土牛《醍醐》、加山又造《華扇屏風》など、
 多彩な作品の見どころ、作家を分かりやすくご紹介。

●百花の王として重んじられてきた「牡丹」のトピック解説も!


ナレーションは、安井邦彦さん。

音声ガイドをお供に、江戸時代から現代の画家たちが描いた、
名画の数々をお楽しみください!

ボイマンス美術館所蔵
ブリューゲル「バベルの塔」展
東京都美術館
2017年 4月18日(火)〜7月2日(日)
国立国際美術館
2017年 7月18日(火)〜 10月15日(日)
16世紀ネーデルラント美術の巨匠、ブリューゲルの最高傑作
「バベルの塔」が24年ぶりに来日!
また、ブリューゲルに影響を与えた「奇想の画家」ヒエロニムス・ボスの
油彩2点が揃って初来日という大変貴重な機会です。

音声ガイドには、展覧会オフィシャルサポーター
「バベルの“塔”子」こと、雨宮塔子さんが登場

解説ナレーションは、数々のハリウッドスターや
人気アニメへの出演で知られる 声優・森川智之さんです。

さあ、ご一緒に!ボス、ブリューゲルの魅惑の世界へ・・・

*よくわかる!ネーデルラント美術の歴史
*ボス、ブリューゲルってどんな画家?
*物語で聴く『バベルの塔』

★番外編★
展覧会マスコット“タラ夫”(cv.森川智之)が語る「ネーデルラントのことわざ」

♪BGM
ネーデルラント出身の音楽家の曲を古楽器の演奏で

●対応言語:日本語、English、中文、韓国語 (大阪展のみ)

創建1250年記念
奈良西大寺展 叡尊と一門の名宝
三井記念美術館
2017年 4月15日(土)〜6月11日(日)
あべのハルカス美術館
2017年 7月29日(土)〜9月24日(日)
山口県立美術館
2017年 10月20日(金)〜12月10日(日)
南都七大寺のひとつである、奈良の西大寺。
遠く奈良時代、称徳天皇によって創建された由緒あるお寺です。
本展覧会では、創建1250年を記念して、
四半世紀ぶりに名宝を一堂にご紹介
します。

音声ガイドスペシャルナビゲーターは、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん!
西大寺には、2代目・市川海老蔵を描いた絵馬が伝わり、深いゆかりがあります。
海老蔵さんのコメントはこちらから

信仰と美を読み解く音声ガイド。
西大寺の歴史や信仰の教え、作品の見どころをわかりやすく解説します。
(解説ナレーション:藤村紀子)

※会期中展示替えに伴い、欠番がございます。

開館120周年記念
特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)
京都国立博物館 平成知新館
2017年 4月11日(火)〜 5月21日(日)
激動の桃山時代、武家に生まれ、
刀にかえて絵筆をとった孤高の絵師、海北友松(かいほうゆうしょう)。
その画業の全貌に迫る大回顧展です。

音声ガイドは作品のテーマや見どころを分かりやすく解説するだけでなく、
友松の知られざる生涯をたっぷりご紹介。


ナビゲーターは石丸幹二さん。
友松に扮したセリフ部分では、様々に伝わる武勇伝やエピソードを
ドラマティックに語ります。


武士の気概を持ち続け、「絵師に身を落とした」と言ったと伝わる友松。
しかし絵師としての誇りも併せ持ち、独自の画風を確立しました。
いったいどんな人物、絵師だったのか・・・

ガイドと共に友松の画業を辿ってみてください。

マティスとルオー
―友情50年の物語―
あべのハルカス美術館
2017年 4月4日(火)〜 5月28日(日)
マティスとルオー・・・
ともに20世紀美術でそれぞれ稀有な画風を確立した巨匠です。

本展は、師のモローのもとで出会い、半世紀に渡る友情を育んだ二人の足跡をたどります。
音声ガイドは、彼らが交わした書簡をベースに、マティスとルオーの言葉をセリフ調に演出。

関西テレビアナウンサーの3人が、ドラマ仕立てでお届けします。
マティス役:大橋雄介
ルオー役:豊田康雄
解説:中島めぐみ


互いの芸術を認め、家族ぐるみで付き合い、老いては労り合った二人・・・
その友情の物語を、ガイドと共にじっくりとお楽しみください。

♪BGMには19世紀末〜20世紀初頭のフランス音楽
 ルオーが挿絵を手掛けたボードレール『悪の華』の詩の一つを歌詞にした曲も
 お聞きいただけます。

大エルミタージュ美術館展
オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち
森アーツセンターギャラリー
2017年 3月18日(土)〜6月18日(日)
愛知県美術館
2017年 7月1日(土)〜9月18日(月・祝)
兵庫県立美術館
2017年 10月3日(火)〜2018年1月14日(日)
エルミタージュ美術館が誇る膨大なコレクションから、
ルネサンスから18世紀の巨匠たちの名作が一堂にそろう展覧会です。

音声ガイドは2つのバージョンをご用意!

@通常ガイド

スペシャルナビゲーター:又吉直樹
解説ナレーション:藤村紀子


描かれたテーマや時代背景、画家にまつわるエピソードなど、
作品の見どころのエッセンスを分かりやすくまとめたガイド
です。
BGMには作品と同時代のヨーロッパ音楽もたっぷり収録。

■又吉さんが独自の目線で作品を切り取る、「又吉VIEW」も聴きどころ!
ロシア文学について語る番外編もお聴き逃しなく。

■本展テーマソング 宇多田ヒカルさんの「人魚」も特別収録!


Aチェブラーシカ・ガイド

ロシアの国民的キャラクター、チェブラーシカとワニのゲーナが展覧会をご案内!
楽しい掛け合いあり、クイズありの大人も子どもも楽しめるガイドです。

チェブラーシカとゲーナが迷い込んだ美術館で出会った豪華なドレスの女性とは・・・!?

声の出演
チェブラーシカ:折笠富美子
ゲーナ:土田大
謎の女性:恒松あゆみ

大英自然史博物館展 国立科学博物館
2017年 3月18日(土)〜6月11日(日)
大英自然史博物館の誇る8000万点の収蔵標本から
「始祖鳥」をはじめとする、世界的に貴重な“至宝”のコレクション
約370点のご紹介する展覧会。
動植物、化石、鉱物など、すべてが日本初公開です。

音声ガイドナビゲーターは、俳優の山田孝之さん!

自然史の偉大なる開拓者たちと
その至宝に(トレジャー)にまつわる物語・・・
さあ、トレジャーハンティングの旅へ一緒にでかけましょう!

■スペシャルトラック■
*ナビゲーターが出題する“トレジャー”クイズ
*展覧会監修者による特別解説

篠田謙一博士/真鍋真博士/川田伸一郎博士(国立科学博物館)

対応言語:日英中韓
外国語ガイドの解説は、日本語の内容と異なります。
クイズ、博士による特別解説は含まれません。ご了承ください。

シャセリオー展
―19世紀フランス・ロマン主義の異才
国立西洋美術館
2017年 2月28日(火)〜2017年5月28日(日)
フランス・ロマン主義の異才、シャセリオー。

彼は師匠アングルに「絵画のナポレオンになるだろう」と、
予言されたほどの腕前でした。
19世紀パリを駆け抜けたその人生は37年と短くとも、
同時代の芸術家に大きな影響を与えました。

日本で初めて、その画業の全貌が紹介される貴重な機会です。

音声ガイドのスペシャルナビゲーターは、山田五郎さん。

・ヨーロッパを風靡したロマン主義とは何だったのか?
・文学・演劇・絵画・音楽など、ジャンルを越えた芸術交流

当時の時代背景に触れながら、楽しくシャセリオー絵画を紐解きます。

解説ナレーターは、堀井美香さん(TBSアナウンサー)。

BGMには、ロッシーニ、リストほか、
同時代に活躍したロマン派の名曲たっぷり!

ゴールドマン コレクション
これぞ暁斎! 世界が認めたその画力
Bunkamuraザ・ミュージアム
2017年 2月23日(木)〜 4月16日(日)
幕末から明治を生きた天才絵師、河鍋暁斎。
流派に捉われず様々な画法を習得し、
仏画から戯画まで、幅広い画題を圧倒的な画力で描き上げました。

本展は、世界屈指の暁斎コレクションとして知られる
イスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品によって、
多岐にわたる暁斎作品の全体像をご紹介
します。

音声ガイドは、落語家の春風亭昇太さんがご案内。
暁斎の多彩な技に驚き、ユーモラスな動物の姿には思わずクスリ。
「幽霊図」の前で楽しむ落語のあらすじもお聴き逃しなく。
さあ、一緒に暁斎ワールドへ飛び込みましょう!
(語り:藤村紀子)

♪特別収録:展覧会イメージソング
和楽器バンド「浮世heavy life」

国立新美術館開館10周年
草間彌生 わが永遠の魂
国立新美術館
2017年 2月22日(水)〜 5月22日(月)
国内では過去最大級の草間彌生展!
初期から最新作まで、前衛芸術家・草間彌生の全貌に迫ります。

音声ガイドは、
「草間彌生が語り、朗読し、歌う!」


本展に先駆けて行われたインタビューの音源をたっぷり収録。
制作過程や創作への思いを本人が語ります。
自作の詩の朗読、さらに詩に自ら曲を付けて歌うトラックも!

解説ナレーションは声優の土田大さん。

圧巻の草間ワールドを音声ガイドと共に体感してください。

【開館50周年記念特別展】山種コレクション名品選W
日本画の教科書 東京編
―大観、春草から土牛、魁夷へ―
山種美術館
2017年 2月16日(木)〜 4月16日(日)
開館50周年記念の最後を飾る特別展として、東京画壇のコレクションをご紹介。
近代から現代に至るまで、美術の教科書に登場するような名品の数々がずらりと並びます。

♪ナレーターは、安井邦彦さん。

明治時代、画家たちは新しい日本画のあり方を求めて模索し続けました。
古典を研究しながら、時代に合った表現や画題を追求した横山大観、菱田春草、
安田靫彦や奥村土牛ら日本美術院のメンバーのほか、文展を活躍の舞台とした川合玉堂、
東山魁夷など・・・。

歴史に名を刻む主要な日本画家たちの歩みを、様々なエピソードや言葉を交えながら
ご案内いたします。

オルセーのナビ派展:美の預言者たち
―ささやきとざわめき
三菱一号館美術館
2017年 2月4日(土)〜 5月21日(日)
ナビ派は、19世紀末、パリの画塾に集う若き芸術家たちが結成したグループです。
セリュジエ、ドニ、ボナール、ヴュイヤールにヴァロットンなど・・・
彼らは、印象派と20世紀美術の橋渡しとなる、革新的な表現を生み出しました。

本展は、そのナビ派の代表的な作品が一堂にそろう展覧会!
近年、ナビ派の作品の収集に力を入れてきた
オルセー美術館が誇るコレクションが来日する貴重な機会です。

音声ガイドでは、
三菱一号館美術館の高橋明也館長のスペシャル解説とともに、
ナビ派の作品の魅力と、個性豊かな画家たちの素顔に迫ります。
ナレーションは、齊藤美絵さん。

館長スペシャル解説番外編: ナビ派は「かわいい」?もお聴き逃しなく。


BGMには、19世紀後半から20世紀初頭のフランスの名曲。
フォーレ、ラヴェル、ドビュッシー・・・
ナビ派ともゆかりのあるヴェルレーヌの詩に曲を付けた
レナルド・アーン「妙なる時」もお楽しみください。

N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅 森美術館
2017年 2月4日(土)〜 6月11日(日)
インドの現代アート界を代表するN・S・ハルシャ。
絵画を中心に、多彩な表現方法を駆使した作品世界の魅力をご案内します。

●音声ガイドのナビゲーターは、細野晴臣さん。

日本を代表する音楽家であり、インドにゆかりのある細野晴臣さんが、
N・S・ハルシャの作品を楽しむポイントをたっぷりと語ります。

●さらに、作家インタビューも特別収録!

作品を読み解くヒントや、南インドの故郷・マイスールの紹介など、
N.S.ハルシャ自身が分かりやすく解説します。


(日本語/英語)

作家インタビュー(ボイスオーバー):佐々木啓夫
英語版ナレーション:クリス・ウェルズ

日伊国交樹立150周年記念
ティツィアーノとヴェネツィア派展
東京都美術館
2017年 1月21日(土)〜4月2日(日)
16世紀ヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノ。
ローマ教皇や多くの王侯君主に愛され、あらゆるジャンルの絵を手がけた
まさに「画家の王者」です。

音声ガイドでは、その画業や同時代の画家たちの足跡をたどりながら、
ティツィアーノの作品の魅力に迫ります。

ナビゲーターは俳優の別所哲也さん。
ボーナストラックでは、ティツィアーノとミケランジェロのライバル関係にも注目!
《フローラ》や《ダナエ》など、名作に込められた意外な意味や、
画家の素顔に迫るエピソードも満載です。

BGMには、16世紀ヴェネツィアで活躍したヴィラールトなど、
同時代の名曲がたっぷり!


※会期中、毎月26日は「フローラの日」!
音声ガイドの貸出料金が半額の260円となります。

ぜひこの機会にご利用ください!

特別展 春日大社 千年の至宝 東京国立博物館 平成館
2017年 1月17日(火)〜3月12日(日)
2016年に記念すべき第60回目の「式年造替」を迎えた春日大社。
社外ではめったいに拝観することのかなわない、
春日に伝わる至宝の数々をご紹介する展覧会です。

音声ガイドナビゲーターは、歌舞伎役者の市川猿之助さん!
とこしえに続く、春日の祈りの物語をわかりやすく読み解きます。

スペシャルトラックには、
シンガーソングライターで小説家のさだまさしさんが登場
★春日大社との出会いと名曲「まほろば」誕生の秘密
★春日大社での奉納演奏について

さらには、春日大社宮司・花山院弘匡氏による特別解説も収録。
☆「式年造替」について
☆「春日若宮おん祭り」について

ガイドでしか聞くことのできないスペシャルコンテンツが盛りだくさん。
超豪華版のガイドをどうぞお聴き逃しなく!
(※展示期間による作品の展示替えにより、欠番がございます。)

●対応言語:日本語/英語/中国語/韓国語
(英中韓ガイドには、スペシャルトラックは含まれておりません)

※数年にわたる巡回展は、初年度を表示しています。
※巡回展の一部は開催予定となります。
Home
[音声ガイド] 貸出中の会場
実績
会社案内
ガイド機器
音声ガイドアプリ(App)
[オーディオツアー] コンセプト
採用情報
ニュースリリース
サイトマップ
個人情報保護方針
利用規約
twitter
お問合わせ


TOP